【処分バスケ男子】永吉佑也・橋本拓哉・佐藤卓磨・今村佳太・wikiや顔写真は?

スポーツニュース
Sponsored Link

17日未明のこと、ジャカルタで開催中の第18回アジア競技大会で、

バスケットボール男子の日本代表4人が17日未明、

女性を連れ出すことができるカラオケ店を公式ウェアのまま訪れていたことが発覚!

 

JOCは、この4人の選手を強制的に帰国させるという処分を下しました。

 

Bリーグ所属で処分になった当該の選手は、

永吉佑也(27)=京都=、橋本拓哉(23)=大阪=、佐藤卓磨(23)=滋賀=、今村佳太(22)=新潟=の4人です。

 

どんな選手なのかさっそく調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

事件の詳しい経緯の会見、発覚のきっかけはこちら!→事件の詳細と発覚の経緯

永吉佑也選手(27)(京都ハンナリーズ)

 

生年月日 1991.07.14
年齢 27歳
身長 198 cm
体重 115 kg
出身地 鹿児島県

 

鹿児島県で生まれ育ち、宮崎県の延岡学園高校 – 青山学院大学を卒業後、

東芝/川崎ブレイブサンダース – 京都ハンナリーズにプロとして在籍。

 

父がバスケをしていたので、自然とバスケをするようになった。

そして幼少期はかなりの肥満児だったそう。

そこで中学時代にそこから自分で考えて、食事制限をしてまず炭水化物を抜き、ご飯の代わりにキャベツでカレーを食べるキャベツカレーをひたすら食べたりして、空腹時にはひたすら牛乳を飲むというダイエットでなんとかダイエットに成功したのだそうです。

そのダイエット成功体験が自信に繋がったのです。

 

スポンサードリンク

 

帰国後行われた会見では

 

 「日本代表ということよりも、まず最初に日本国民の皆様に対しての謝罪がなかったことは、この場を借りておわびしたい。本当に申し訳ありませんでした」と言い、立ち上がって再度、謝罪した。

 

その上で「自分にとって日の丸とは何か、この機会に自分は考えました。自分にとっての日の丸は憧れだった。小さい頃は憧れていた。なぜ今回のような事態に立ち至ったと考えたとき、思い浮かんだのが認識の甘さ、自覚不足しか言えないのが、すごく悔しいですが率直な気持ち」と反省の弁を口にした。

 

橋本拓哉選手(23)(大阪エヴェッサ)

 

出身校 芦屋大学
出身地 大阪府
生年月日 1994年12月3日
身長(cm) 188cm
体重(kg) 83kg
国籍 日本

 

小学校時代は奈良の「葛城JFKボーイズ」に所属し

バスケではなく野球をやっていました。

しかも全国大会で準優勝した経験を持つほどの腕前でした。

 

中学から本格的にバスケットボールを始めます。

遅めのスタートですよね。

 

その後、高校は、ヒューマンアカデミー高等学校

高校生の頃から、bjリーグの大阪エヴェッサバスケットボールカレッジに入り、2012年、大阪エヴェッサよりドラフト2巡目指名を受け入団しました。

 

17歳321日でbjリーグ史上最年少出場記録を達成したり、

初得点を記録しこれも最年少記録更新となったほどのスーパー高校生でした。

芦屋大学に入学後、大学4年の時に大阪エヴェッサに復帰しています。

 

佐藤卓磨選手(23)(滋賀レイクスターズ)

 

                    引用:本人インスタグラムより

 

生年月日 1995.05.10
年齢 23歳
身長 195 cm
体重 87 kg
出身地 北海道

 

北海道出身のなんと195センチのスーパー長身です!

高校は東海大学付属札幌高等学校、大学は東海大学出身です。

大学1~3年時に1〜3年生までインターカレッジ準優勝を果たしています。

4年時にはキャプテンを務めました。

 

さらにU24日本代表、ユニバーシアード競技大会の代表選手にも選出され、

活躍していました。

 

今村佳太選手(22)

 

生年月日 1996.01.25
年齢 22歳
身長 191 cm
体重 92 kg
出身地 新潟県

 

 

スポンサードリンク

今回の事件はジャカルタのどこで起きた?

 

 

4人は16日のカタール戦を終えた午後10時ごろ、食事をするために選手村から外出。

歓楽街「ブロックM」にある日本食店で飲食後、

女性が接客する店を紹介されて、公式ウエアを着たままで、まんまと行ってしまったのです。

 

その後、4人はそれぞれ女性を伴ってホテルに行き、

行為に及ぶにあたって、選手らが女性に金銭を支払ったのかについては明らかではないが、

一晩過ごし17日未明に選手村に戻ったのだそうです。

 

4人は日本代表選手団の認定取り消し処分になりました。

 

まとめ

これからさらに活躍が期待されていた時期なので本当に残念ですね。

日本代表という看板を背負っている自覚が低すぎましたね。。

特に年長だった永吉選手は、他の若い選手のお手本になるような行動をとるべきだったと思います。

 

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました