平尾 昌晃さん遺産バトルで三男、勇気が会見!後妻ビジネス?ボンボンバカ息子は正しい?実は家族が仲悪かった?

Sponsored Link

作曲家であり歌手でもあった平尾昌晃さん(ひらおまさあき)が
去年7月21日に(享年79)亡くなりました。

そして現在ドロドロの遺産バトルが勃発!

平尾昌晃さんの“妻”と三男の勇気さんが
遺産を巡って、醜い遺産バトルを
繰り広げています。

見た目で判断してはいけないと思いますが
いい年して金髪で今まで大して働かず
親の七光りで売れてない状態でも
いい暮らしができてしまって
何も苦労していないでしょうね。

そして3人目の妻に対して
遺産相続のことで泥沼化しています。

どんな会見だったのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

三男が後妻に対して怒っていること。

今回もめているのは20年近くマネジャーを務めたMさん。

2013年に平尾昌晃さんはMさんと3度目の結婚をしています

そしてMさんに対して

仮処分申し立てを20日に行っています。

三男の言い分

昨年10月、後妻Mさんは
『株式会社平尾昌晃音楽事務所』
と著作権管理会社F社の2社の社長に就任しています。

勇気さんは、この就任経緯自体にも不正があったとして、
東京地裁に「取締役の職務執行停止」などの申し立てを行いました。

・とにかく遺産を独り占めしていけるように
じわじわと後妻が企てていたと感じる。

・まずJASRAC(ジャスラック)からの年間の著作権料が
Mさん一人しか入ってこないように、企てた疑惑がある。
Mさんに書類にハンコを押すように言われて押したが、

複数人で受け取る書類もあることをあとから聞いた。

単独用(一人承継)の書類のみにしたのは
悪意がある。

このことを知らなかったのでハンコを
押してしまったが、Mさん一人で独占できるように
操作しているとしか思えない。

ちなみにJASRAC(ジャスラック)はMさんに
一つの書類しか渡さなかったのではなく
2種類とも渡したとのこと。

しかし後妻Mさんは『そこまで知らなかった』
とコメントしている。

・・・Mさんもおかしいですよね( ゚Д゚)

ジャスラックの書類は、
1人だけが相続する『単独用』と、
兄弟などの複数人が受け取れる『共同用』の
2種類があるんです。
でも、彼女は『単独用』しか出さず、
しかも承継者の欄は空白のまま、
ハンコを押させたんです

≪引用:週刊女性PRIMEより≫

著作権は死後50年間保護されて
年間1億円だとすると、
50億円もの遺産をMさんが
独占していた可能性もあった

寸前のところで兄弟たちは
『共同用』の書類に書き換えることができた。

≪引用:週刊女性PRIMEより≫

・7000万~8000万の横領をした疑惑の役員
(会社の経理と税務を担当する取締役のS氏)がいるのに
なにも法的措置をしていないのがおかしい。

むしろMさんが横領しているのでは?

確かにこの点は不透明ですよね。

明らかにしてほしいです。

スポンサーリンク

家族が仲悪そうなポイント

平尾昌晃さんと息子たちは疎遠だったのでは?

・平尾昌晃さんが亡くなる前にしっかり
話し合いや遺書を作成しておけば
こんなにもめなかったののでは?

そもそも三男の勇気さんはあまり
平尾昌晃さんが亡くなる前もそこまで
仲良くしていなかったようですよ。

・兄弟はみんな仲いい→その割には
父・平尾昌晃さんが後妻Mさんと結婚したことも
知らなかった。

勇紀さん曰く「5年ほど前に戸籍謄本を取ったら、
父とA子さんが結婚していることがわかったんです。
びっくりして彼女に電話したら、
“言うタイミングがなくて”って話すだけ。

めちゃくちゃ大事なことじゃないですか。
隠しておくっておかしいでしょ。
父は入退院を繰り返すなど
具合が悪い時期だったので、
“せめてA子さんが子どもたちに
連絡するべきじゃないの”って言ったんです

≪引用:週刊女性PRIMEより≫

・兄弟でこの件で裁判をすることを話し合ったか→
話し合ってはいない
どうやら三男の勇気さんだけで勝手に裁判。

とのことで
平尾昌晃さんがなくなり
遺産バトルになってから
いまさらもめたり、バタバタしている感が
否めません。

スポンサーリンク

後妻のMさんは元マネージャー

Mさんは平尾昌晃さんに20年以上マネージャーを
つとめていました。

なので会社のことにも仕事の事にも
一番そばで分かっていたのは彼女なのではないでしょうか?

二人を良く知る方曰く、

そしてMさんと平尾昌晃さんは仲睦まじく、
Mさんはとても尽くしていたそうですよ。

それにしても、
三男は『二人が再婚したことを知らなかった。』
『戸籍謄本を取得する際に知った。
知らされていないのは悪意がある!』と
主張していました。

しかし、普通、仲の良い家族だったら
当たり前のように再婚したら
お父さんは息子たちにお知らせして
お披露目などするでしょう。

それって普通ですよね?

しかし平尾昌晃さんが息子たちには
知らせなかったのって
ひとえに仲が悪かったのでは?と
感じます。

入退院を繰り返していた時期
だったとの主張もありましたが、
勇気さんは平尾昌晃さんのお見舞いや看病などに
ろくに行ってなかったのではないでしょうか?

お見舞いなどに行っていれば
平尾昌晃さんも息子さんには
再婚したことを報告していたのでは?

そしてお嫁さんのMさんは
『平尾昌晃さんが伝えているだろうと
思って言ってなかった』とコメントしていますが
確かに普通は父が言ってない状態で
お嫁さんがでしゃばって
伝えるのも変ですよね。

スポンサーリンク

まとめ

このまままだまだ
泥沼化しそうなこの遺産相続バトル!

どちらの言い分も
合っているのか分かりませんね( ゚Д゚)

三男の勇気さんの言い分だけだと
Mさんがやはり後妻業のプロのように
遺産を独り占めしているように
感じますよね。

でも三男の勇気さんも
私が感じたのは、生前に大して
父である平尾昌晃さんに接していなかったし
親孝行してなかったのかもな?と
感じました。

とにかくお金が絡むとこう泥沼化
するところが怖いですね。。

この先どうなるのか注目していきたいと思います。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。