三浦三崎で車落下!無理心中の場所は?母親の動機はなぜ?10歳男児だけ自力で脱出!画像あり

Sponsored Link

三浦市の三崎漁港で家族4人を乗せた乗用車が転落したという事故がありました。

無理心中場所の三浦市の三崎漁港はどこなんでしょうか?

そして母親はなぜ三浦三崎漁港で無理心中をしてしまったのでしょうか?

家族がどうして三浦三崎漁港無理心中をする事態に陥ってしまったのか動機が気になりますよね。

そして家族の中で10歳男児だけ自力で脱出して助かったそうです。

さっそく三浦三崎漁港無理心中があった事件について画像なども調べてみました。

スポンサードリンク

三浦三崎漁港で車落下事故の場所はどこ?

場所は【神奈川県三浦市三崎5丁目】ということで三崎漁港の三崎港白灯のところのようですね。

三崎5丁目(新港)には駐車場もあるのでその付近ではないでしょうか?

そして三崎といえばマグロのとれることでも有名な漁港なので、ちょっと風評的にはこういった事件があると悪影響ですよね。

事件は31日の真夜中の1時45分、三崎港の岸壁から車が落下。

近くで釣りをしていた人が通報しました。

車内には

・60代女性

・40代女性

・12歳の男の子

が亡くなった状態で発見。

10歳の男の子は自力で脱出!

しかも命には別条がないようです。

母親の動機はなぜ?10歳男児だけ自力で脱出!

引用:TBSより

海の中に白いセダンのような車が沈んでいるのが見えますね。

かなり衝撃的・・。

そしてこの車の中には

・祖母だと思われる60代女性

・母親と思われる40代女性

・お兄ちゃんだと思われる12歳の男児

・弟だと思われる10歳の男児

が乗っていました。

真夜中の1時45分に三崎港に車ごと落下。

そして10歳の男児だけ自力で脱出し助かりました。

この家族は都内在住だったとのことでわざわざこの三崎港を選んだんですね。

そして事故現場には、ブレーキ痕が全くなかったそうで、無理心中の可能性が高いとみて捜査されています。

10歳の助かった男の子のサバイバル力はハンパないですね!

そして10歳の男の子だけが生き残っているという悲しい現実。

これから彼はどうやって生きていくんでしょうか。

まだ10歳にして、おばあさんもお母さんもお兄さんも失って家族は自分一人だなんて・・想像するとかわいそうすぎます。

そして母親はシングルマザーだったんでしょうか?

一緒に乗っていなかったうえに、夫がいたらコメントなどを出しているでしょうからその可能性も高いですよね。

そしてこの母親を無理心中しようと都内からわざわざ三崎港まで車を走らせて心中してしまった動機や理由が気になりますね。

しかし、肝心の母親が亡くなってしまった今、おそらくこの10歳の男の子が事情を聞かれることになると思います。

とても酷な話ですね。

本当にこの生き残った10歳の男の子の心のケアが必要ですし、心配ですね。

【関連記事・同じ神奈川県での事件】平敬文容疑者が逮捕!事故現場は横浜のどこ?神奈中バスのブラック勤務に原因?被害者の身元は?

まとめ

『三浦三崎で車落下!無理心中の場所は?母親の動機はなぜ?10歳男児だけ自力で脱出!画像あり』と題していろいろと調べていきました。

しかし、まだ不明な点もあります。

とにかくこの家族に何があって無理心中しようという事態になったのか・・本当に残念でなりません。

そしてこの生き残った10歳の男の子の心が壊れてしまわないように、サポートしていくことも大切だなと思います。

亡くなったご家族のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサードリンク

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。