新宿2丁目『白い部屋』コンチママ、お店はどこ?急死したキャスト、突然やめたキャストの名前は?

テレビ番組
Sponsored Link

8月26日にフジテレビ系『ノンフィクション』で

特集されたニューハーフのお店『白い部屋』

新宿2丁目のどこにあるんでしょうか?

どんなお店なのかさっそく調べてみました。

 

そしてこのお店をずっと守り続けている

コンチママは一体どんな人なんでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

夜の世界の有名人【ローランド様】の記事はこちら→

ホスト帝王【ローランド様】はハンパない努力家!今年でホスト引退宣言

 

ホスト帝王【ローランド様】有名ギタリストの父親のライブへ。妹や家族は?

 

ニューハーフバー『白い部屋』の詳細

 

・場所はどこにあるの?

引用:http://www.shiroiheya.jp/access.html

 

『白い部屋』

営業時間:20:00から

ショータイム:22:00から

定休日:日曜・祝日

 

『白い部屋』は新宿東口からすぐの

ところにあります。

 

新宿2丁目といえば、言わずとしれた

ゲイやおかまのお店が日本一ひしめく場所です。

でも実は実際の『白い部屋』の住所は

新宿5丁目なんですね!

 

・料金はいくら?

初回:『ホームページを見ました!』と伝えると

 

通常はウイスキー&焼酎飲み放題とショー鑑賞=10000円が

21:00までに来店だと→7500円(2時間)

21:00以降に来店だと→8500円(2時間)

しかもテーブルチャージ込みで楽しめます。

 

通常料金だと、

テーブルチャージ:10000円

鏡月:4000円

山崎:10000円

ビール:1200円

ソフトドリンク:1000円

(サービス料・税は別途)

 

白い部屋のショーの振り付けを

元日劇ダンシングチームのメンバーだった

振付師の安河内ゆう子さんが担当してくれて

そこから、評判になったそうです。

 

キャストは現在総勢12名!

20代から70代のキャストまで

幅広い年齢層です。

70代でもこんなに踊れるなんてオドロキです。

セクシーなショーから

コミカルでおもしろい劇まで

様々なショースタイルがあります。

実際の放送でショーの様子を

拝見したのですが、

みなさん、スタイルいいし、

美しいし見てて飽きないです!

 

 

スポンサードリンク

 

コンチママってどんな人?

引用:マイナビニュース

コンチママは現在70歳!

70歳とは思えないパワフルさと

ハイテンションです!

 

そしてご自宅が番組の中で

出てきましたが、かなり広くて

ゴージャスなシャンデリア調の照明に

こだわりが感じられる装飾品や

ソファー・・・とゴージャスでした。

そして約200万円したという

水素吸引機や約120万円の

サウナの機械も持っていました。

現在はかなりお金持ちで

いらっしゃると思われます。

 

本名は『近藤民夫』さんです

めっちゃ男前な名前ですね。

近藤さんだから『こんち』ママなのかもしれません。

 

『白い部屋』は激戦区の新宿で

もう開店して50年になります。

 

コンチママは生まれも育ちもバリバリの大阪人。

三人兄弟の末っ子として

生まれました。

幼い頃に両親の離婚も経験して

お母さんが女手一つで懸命に

育ててくれたそうです。

 

いまでこそ、ゲイやおかまも珍しくなくなり、

マツコさんなどの活躍などもあり、

偏見も昔ほどなくなってはきましたが、

その当時はきっと差別もあったことでしょう。

 

なのでお母さんには自分がゲイであることは

明かせずにそのまま家をでてしまったそうです。

『親を泣かせたくなかったから。

ゲイとして生きていくなら、

東京だなと思って。』

と語っていました。

何も持たずに

家を飛び出して行ったとのこと。

 

 

18歳の時に地元大阪から上京し

初めは上京しても、仕事はなく

水商売から日雇い派遣、屋台・・

休む暇なく働き続ける日々だったとのこと。

 

そして

1968年、20歳のころに

もう『白い部屋』をオープンさせています。

その当時新宿2丁目には

おかまバーは8軒しかなかったそうです。

まだ新宿2丁目付近の家賃も安く

『2丁目文化』が根付く前から

その文化の発展に貢献したお店の1つ

なのです。

『ゲイカルチャー』と作ってきた

人物とも言えますね。

そしてまだ今も営業しているお店は

もう一軒もないとのこと。

 

若い頃からお店を経営し

苦労を人一倍されていると思います。

そして若い頃のコンチママが

かなりお顔の整った

イケメンでした!

 

『その人が輝いてほしいと思うから、

ひとりひとりが良いように

その子の良さを出してあげたいと思う。』

『最期までめんどう見ようという

気持ちはあります。』

コンチママがこの激戦区新宿で50年も

第一線で活躍し続けて、

お店を続けていられるのは

この人思いな、お人柄だからこそなのですね!

 

 

スポンサードリンク

 

お店の亡くなったスタッフとは?

 

実は『白い部屋』キャストには古株のベテランさんが

3名いて、『梨花』さんという方が昔、亡くなっています。

梨花さんは休日に出かけた温泉旅館で

心臓発作を起こして58歳の若さで

そのまま亡くなったそうです。

その時は『梨花さんを偲ぶ会』が開かれました。

 

梨花さんと仲良しだったベテランメンバーの

ひとりの【かんたさん】は

梨花さんが亡くなった時に

『もし万が一のことがあった時には

衣装や、ゲイビデオなどは処理して

おいてほしい』と頼まれ、いざという時の

ために梨花さんの合い鍵も持っていたといい、

実際にその通り、頼まれていたことを

ゲイアイテムの処分などをしたそうです。

なかなか身内にも明かせなくて

苦労したのだと思います。

 

そしてそのベテランの『白い部屋』のキャストだった方が

今年の2月に急逝してしまったそうです。

そのキャストの方は【明美ママ】という方である

可能性が高いです。

 

【吉井奈々さん】

(コミュニケーション講師)のインスタグラムに

気になる投稿がありました。

View this post on Instagram

白い部屋の明美ママ。 ご逝去のお知らせを受け、驚きと共にお元気だったころの笑い声を思い出しています。 白い部屋のショーが、明美ママのショーが大好きでした。 朝まで二丁目で飲んだりしましたね。 私たちはみんな、大好きな明美ママの笑顔を決して忘れることはありません。 まだご指導を仰ぎたいことがたくさんあったのにと痛惜の念でいっぱいです。 心からご冥福をお祈りいたします。 ※ショーの写真は白い部屋Instagramからお借りしました。 #白い部屋 #新宿2丁目 #明美ママ

A post shared by 男から女で結婚もできた 吉井奈々 講師 YouTuber (@nanayoshii777) on

この投稿からはかなり【明美ママ】である可能性が

高そうですね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

【吉井奈々】さんは

 

男性として生まれ、性転換手術後、戸籍も

女性になり、結婚もされた方なんです。

お相手は中学校の同級生(男性)なんです。

その後、ご自身の経験を生かして

現在は・・・・、

一般社団法人JCMA 代表理事
コミュニケーション講師

筑波大学 特別非常勤講師
話し方の学校 副学長
ジェンダーキャリアデザイン主任研究員
NPO法人 日本家族問題相談連盟認定カウンセラー
日本行動医療科学会 所属
ライフスタイルコミュニケーションスクール代表

と輝かしい活躍をされています。

 

 

 

番組での

「ある事情で辞めると言い出した若手人気キャスト」

は一体どんな人だったのでしょう?

最年少の『未来』みくさんというキャストでした。

 

 

2017年には美来さんから連絡があり、

お店を始めることになったとのこと。

オープンの際には白い部屋にも挨拶に行ったそうです。

21歳の若さで新宿歌舞伎町に

自分のバーのお店を構えるなんてスゴイですね!

 

未来さんのオープンしたお店にも

白い部屋メンバーを引き連れて

コンチママが御祝儀を持って

お祝いに駆けつけていました。

やさしいコンチママが人に慕われている

理由が分かりました。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

競争の荒波が激しい新宿2丁目の社会で

50年も生き残り続けている『白い部屋』。

 

今でこそ、だんだんとLGBTの単語も

世間に浸透し始め、有名人が同性婚を

公表したりといったニュースも

聞くようになりましたが、

ひと昔前までの世代のみなさんは

隠して生きるという選択肢ししかなく

ツライ思いをされていたと思います。

 

コンチママも70歳なのにパワフルですよね。

これからの活躍にも期待しています。

 

 

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました