ドラマ『インハンド』の最終回結末を原作から予想!あらすじやキャストも紹介!

インハンド インハンド
Sponsored Link

漫画を原作とする『インハンド』山下智久さん主演でドラマ化されることが決まり、

2019年4月12日に待望の第一話が放送されますね♪

 

TBSの連続ドラマでは4年ぶりの主演となる山下智久さん。

ちなみに、主題歌も山下智久さんの「CHANGE」が起用されるそう!

これだけでもすでに、山Pファンにはたまらないドラマとなっていますね♪笑

 

山下智久さんが演じる主人公の紐倉哲(ひもくら・てつ)は天才科学者でありながら、

人嫌いのお金持ちというかなりの変わり者。

さらに右手が義手という謎に包まれた人物なんです。

 

『インハンド』はそんな謎に包まれた天才科学者・紐倉哲が

未知の病原体やバイオテロなどから人々を救うという科学×医療ミステリードラマです。

 

今回は山Pファンはもちろん、

そうでない人でも楽しめるドラマ『インハンド』の原作あらすじやキャストの紹介、

さらに最終回がどうなるのか結末を予想してみたいと思います♪

スポンサードリンク
 

『インハンド』の原作漫画は?

ドラマ『インハンド』は朱戸アオさんの同名コミックスが原作です。

「イブニング」にて2018年10月から現在まで連載中で、まだ結末まで達していません。

 

また、『インハンド』の前に『ネメシスの杖』『インハンド 紐倉博士とまじめな右腕』

という2作品が連載されていて、

そのどちらにも今回の『インハンド』の主人公である紐倉哲が登場しています。

 

いわば、今回の『インハンド』は3作目、というような立ち位置でしょうか。

 

ちなみに、『インハンド』では右腕が義手となっている紐倉ですが、

『ネメシスの杖』では義手になって間もない頃が描かれているそうです。

 

義手になった経緯は現在でも不明なようなので、

今回のドラマ『インハンド』でその謎についても明らかにされるかもしれませんね。

ドラマ『インハンド』のあらすじ紹介!原作漫画との違いは?


ではドラマ版の『インハンド』はどのようなストーリーとなっているのでしょうか。

 

主人公は寄生虫学者の紐倉哲(ひもくら・てつ)

人が嫌いで傲慢ドSな変わり者・お金持ち・右手が義手・博識で天才的な頭脳の持ち主、という謎に包まれた人物です。

 

紐倉は箱根の潰れた植物園を改造した自宅兼研究室で寄生虫の研究をしていました。

 

そこへ現れたのが美人官僚の牧野巴(まきの・ともえ)

牧野は内閣官房サイエンス・メディカル対策室に所属しており、

科学機関や医療機関での様々な問題に対処する特別なチームです。

 

牧野は紐倉にある依頼をします。

それは「日本ではめったに見られないシャーガス病の感染者が出た可能性があり、

その感染源について探ってほしい」というもの。

 

もともと「好きなことだけやっていたい」という紐倉なので、

牧野の依頼にも興味はありませんでしたが、ある交換条件に食いつき力を貸すことになります。

 

そこで紐倉と牧野は感染の疑いのある患者を処置したという高家春馬(たかいえ・はるま)を訪ねます。

 

調べていくうちに、10年前のとある事件との関連性が浮かび上がるところからストーリーは展開していきます。

 

原作との違いですが、

 

・牧野巴の所属が原作では「内閣情報調査室健康危機管理部門」という名称だった

・第一話で牧野が紐倉に依頼した感染症は、地球上から根絶されたはずの「天然痘」

 

というように、すでにかなりの違いが出てきていますね!

 

おそらく、今後も原作にはない内容の難事件を扱ったり、なぜ義手になったのか等

紐倉自身の謎についても原作とは異なる展開を迎えるかもしれません。

スポンサードリンク
 

ドラマ『インハンド』のキャストは?

科学×医療ミステリー『インハンド』ですが、どのようなキャストとなっているのでしょうか。

紐倉哲(ひもくら・てつ):山下智久さん

 

View this post on Instagram

 

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿

本作の主人公。右手が義手の天才科学者。

専門は寄生虫だが博識で、天才的な発想で次々と問題を解決していく。

興味があれば食いつくが、基本は偏屈で無愛想。

金持ちで生物や生態は愛するが、人嫌いという変わり者。

 

山下智久さん、1年6か月振りと久しぶりの主演ドラマになりますね!

『好きな事に対しての知りたい欲や好奇心の強さ、熱中するという点は、主人公の紐倉と似ていると思う』

『自分もどちらかというと理解されないことが多いタイプ』とインタビューで語っていました。

 

【関連記事・山下智久さんの妹は病気ってホント?芸能活動や議員秘書も詳しくまとめ

山下智久(やまP)の妹の現在の仕事は?病気だった?愛犬インスタもかわいい!
10代の頃からジャニーズアイドルとして活躍し、現在も圧倒的な人気を誇る山下智久さん。 山Pの愛称でもよく知られていますよね! 歌手としてだけでなく、映画やドラマにと幅広く活動されている山下智久さんですが、実は妹さんがいるんです! 山下さんの妹さんは病気だという噂もありますが、それは事実なのでしょうか? 山下智久さんの妹の現在のお仕事や病気の話、愛犬のことまでご紹介していきたいと思います。

 

牧野巴(まきの・ともえ):菜々緒さん

 

View this post on Instagram

 

NANAO1028さん(@nanao_official)がシェアした投稿

内閣官房サイエンス・メディカル対策室所属の女性官僚。

東京大学出身で、サイエンス・メディカル対策室には外務省から出向中、というかなりの秀才。

目的のためなら手段を選ばない。

 

高家春馬(たかいえ・はるま):濱田岳さん


救命救急の専門医。とある事件をきっかけに紐倉の助手として動くこととなってしまう。

真面目で優しく熱血漢という、紐倉とは対照的な性格。

 

網野肇(あみの・はじめ):光石研さん


内閣官房サイエンス・メディカル対策室の室長。牧野の上司にあたる。

成果をあげようとする牧野とは対照的に、自ら問題解決に首を突っ込まず、

平穏無事に過ごせればいいというタイプ。

 

御子柴隼人(みこしば・はやと):藤森慎吾さん


内閣官房サイエンス・メディカル対策室のメンバー。牧野の同僚。

長いものに巻かれたいタイプで、上司や権力者にわかりやすいほどになびく。

牧野に使われ、事件に協力していく。

 

紐倉博士が飼っているわんちゃん『サモエドのサモン』

 

View this post on Instagram

 

【公式】インハンドさん(@inhand_tbs)がシェアした投稿

ふわっふわの真っ白なわんちゃん♪かわいくて見ているだけで癒されますね!

 

ドラマ『インハンド』の最終回結末を予想!


原作でもまだ連載中で最終回結末がどうなるのか知られていないドラマ『インハンド』

 

基本的には原作通り、未知の病原体や医療事件について紐倉が天才的な方法で解決していく、というストーリーで展開していきそうですね。

 

原作『インハンド』は前作から続いて3作目となりますが、

紐倉がなぜ義手となったのかについてはまだ触れられていません。

 

もしかしたらなにかの事件に巻き込まれて、二度と研究ができないように右手を失ったのかも・・・と原作ファンの間では囁かれています。

 

もしそうだとしたら、

一体どんな事件に巻き込まれてしまったのか

誰が紐倉の右手を奪ったのか

などもドラマの最終回が近づくにつれ明らかになっていくのかもしれませんね!

スポンサードリンク

まとめ

科学×医療ミステリーという難しそうな内容のドラマ『インハンド』ですが、

ドラマではイグアナなど様々な動物に囲まれて過ごす紐倉役の山下智久さんや、

まるで朝ドラ夫婦のように自由奔放な紐倉を支える高家役の濱田岳さん、

見た目も麗しい牧野役の菜々緒さんなど、

目で見て楽しめるエンターテインメント性もあふれるドラマとなっています!

 

そして特別試写会で山下智久さんが「ヒューマンサイエンスミステリードラマだ」と言っていたように、

様々な事件の裏にある人間の感情についても新たに気付かされる部分があるのかもしれませんね。

 

今まで医療系のドラマは数々見てきましたが、寄生虫を中心に扱う題材のドラマは見たことがないので、個人的にはとても新鮮で楽しみなドラマです♪

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました