春風亭昇太の妻は宝珠小夏(ほうじゅこなつ)?画像も!現在は青山ケンネル役員で元宝塚!

結婚指輪 〇女性芸能人〇
Sponsored Link

春風亭昇太さんが結婚したした妻(嫁)は、元宝塚宝珠小夏(ほうじゅこなつ)下薗利依さんという元タカラジェンヌである可能性が高い!と話題になっています。

春風亭昇太さん結婚相手(妻)宝珠小夏(=下薗利依)さんと言われている理由を調査してみました。

さらに、宝珠小夏(下薗利依)さんは現在は、トリマー養成学校・青山ケンネルの役員なんだとか。和服美人とのことで画像も調べてみました!

気になる宝珠小夏(下薗利依)さんのプロフィールや経歴、宝塚時代の画像も調査してみました。

スポンサードリンク
 

元宝塚の宝珠小夏(ほうじゅこなつ)=下薗利依さんが春風亭昇太の嫁(妻)?

59歳でもうすぐ還暦間近というタイミングで結婚を発表した春風亭昇太さん。

遅すぎ婚としていじられていましたね。

春風亭昇太さんは、『結婚相手は人間です。』とコメントしていました(笑)

結婚した妻は、40歳で19歳差なんだとか!

日刊スポーツの報道によりますと・・・、

日刊スポーツの取材によると相手は元タカラジェンヌ。
約4年間娘役で活躍した。
その後ドッグプロデューサー、トリマーとして活動し現在、老舗ペットショップとペット関連学校の役員。
犬関連著書がある清楚(せいそ)な美女という。
披露宴は夏にも都内ホテルで予定している。

となっています。
出会いは、10年以上前の知人との食事会で連絡先を交換していたのがきっかけ。

・着物をよく着こなしていて和服美人
・目がぱっちり
・いつも機嫌がよくニコニコしている
・昭和っぽい雰囲気の女性
なんだとか。

宝珠小夏(下薗利依)さんが当てはまるのは、

  • 元タカラジェンヌ→〇(雪組・娘役)
  • 現在・トリマーの学校の役員
  • 本『犬からの贈り物』も出版している
  • 19歳年下で40歳!
  • ブログでよく和服を着ている
  • 目がパッチリでまさに和服美人

と、ほぼこの報道の条件を満たしている女性だったのです。

 

春風亭昇太と嫁(妻)宝珠小夏は以前から交流があった!

宝珠小夏さんは、現在は下薗利依として発信しているブログで、以前から春風亭昇太さんとの交流があったことを掲載していました。

    • 2016年11月『NHK歌謡チャリティコンサート』に行っていました。(春風亭昇太さんが司会でした)
    • 2016年12月『縞へび』&『ザ・フルーツ』のライブ
      (春風亭昇太さんも出演)

なかなか、一般のフツーの人ではここまで春風亭昇太さんと関わりを持つ機会がないですよね!

スポンサードリンク

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)=下薗利依さんの経歴プロフィール

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)

本名:下薗利依(しもぞのりえ)
生年月日:1978年8月28日(40歳)
出身地:東京都世田谷区
身長:160cm

学歴:東京女学館→宝塚歌劇団

現在は、青山ケンネルカレッジの専務取締役をつとめる。

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんは、本名は下薗利依さん

お母さんと祖母が宝塚歌劇団の大ファンで娘をタカラジェンヌにしたい!という夢を下薗利依さんに託していました。

小学校から東京女学館という有名お嬢様学校に通っていました。

現在は、青山ケンネルカレッジの専務取締役をされていて、オフィシャルブログも更新されています。

まさに、目もパッチリで着物が似合う和服美人ですよね!とても40歳には見えません。

 

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)の宝塚時代の画像は?

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんは、難関の宝塚音楽学校の受験をみごと突破し、1997年に宝塚歌劇団に入団。
83期生で同期には、彩乃かなみさん、紫城るいさん、悠未ひろさん、愛音羽麗さんなどがいました。

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんの宝塚時代も娘役らしく可憐でキレイですよね~!

芸名の宝珠小夏(ほうじゅこなつ)は、お母さんや祖母などご家族も一緒に考えてつけたんだとか。

雪組の娘役として5年間、活躍していました。

その当時の雪組では、『轟悠さん』が男役トップでした。

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)=下薗利依が退団した理由は?

宝珠小夏さんは、約5年間宝塚に在籍していましたが、
2001年に父親の体調が悪くなり、サポートするために、宝塚を退団しています。

スポンサードリンク

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)=下薗利依は青山ケンネルの役員?

実は、もともと宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんの父親は、トリマーの有名な学校である『青山ケンネルカレッジ』を設立した人物です。

二代目学長を母の下薗惠子さんがつとめていました。

宝塚を退団後、宝珠小夏(ほうじゅこなつ)=下薗利依さんさんは家業を継ぐためにトリマーの勉強を開始!

さらに叔父にあたる吉澤英生氏は日本の犬業界の重鎮で、師事し、海外でも勉強を重ねています。

下薗利依さんのセンスを生かしてドッグサロン「VERONIQUE」をプロデュースしていました。

その後、2005年には青山ケンネルカレッジの3代目学長に就任!

現在は、専務取締約として活躍されています。

さらに、『ステッカー』という芸能事務所にも所属し、
2011年にはテレビ『ソロモン流』にもドッグプロデューサー代表として出演していました。

実は芸能活動もされていたようです。

 

春風亭昇太の嫁(妻)宝珠小夏(ほうじゅこなつ)?にみんなの反応は?

宝塚ファンの方は、ビックリしているようですね!

しかし、ここまで年齢や元宝塚で現在はトリマー関係のお仕事をしていて。と条件が合う人もいないと思うので、かなり現実味を帯びていると思います!

スポンサードリンク
 

春風亭昇太の妻(嫁)は宝珠小夏(ほうじゅこなつ)?画像も!現在は青山ケンネル役員で元宝塚!

春風亭昇太さんの結婚した妻(嫁)
宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんという元タカラジェンヌで、現在は青山ケンネル役員下薗利依さんの可能性もありそうですね!

宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんの現在画像も和服が似合う美人でした。

宝塚時代の宝珠小夏(ほうじゅこなつ)さんの画像もかわいくて変わらないですね!

春風亭昇太さんも59歳で結婚したからには、幸せな家庭をしっかり築いていってほしいですね!

これからの活躍にも期待しています!!

【関連記事・元宝塚大和悠河はタニマチが収入源?実家は病院でお金持ち!帝国ホテル住みでスポンサーがスゴイ!

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました