ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の最終回ネタバレ結末を原作小説から予想!あらすじやキャストも

Sponsored Link

7月7日(日)よる9時より、『ノーサイド・ゲーム』の放送が始まりますね♪

主演は大泉洋さんで、その他にも松たか子さん、上川隆也さん、大谷亮平さんなど

豪華キャスト陣が名を連ねています!

加えて、『半沢直樹』『下町ロケット』『空飛ぶタイヤ』など

数々の話題作を手がけてきた池井戸潤さん原作のドラマなんです♪

これだけで面白くなることが予想できてしまいますよね!

すでに最終回結末が気になるという方もいらっしゃるかと思いますが、

原作小説『ノーサイド・ゲーム』を読んでみるのもアリだと思います。

さらに「ネタバレ情報が欲しい!」という方のために

今回は『ノーサイド・ゲーム』のキャストあらすじ(ネタバレ含)のご紹介、

さらに最終回結末原作から予想してみたいと思います!

スポンサードリンク

目次

『ノーサイド・ゲーム』のキャストは?

池井戸潤さんのドラマには「こんな人まで!?」という意外な方も出ているイメージですが

今回も若手から大御所まで多くのキャストが作品に参加しています♪

さらに厳しいオーディションで選び抜かれ、

実際にラグビー経験があったり、スポーツ経験のある役者を起用しているほか、

ラグビー元日本代表メンバーなども多く採用しています。

キャストまでも手を抜かない『ノーサイド・ゲーム』を彩る豪華キャスト陣を紹介します!

大泉 洋/君嶋隼人(きみしまはやと)役

本作の主人公。トキワ自動車の本部社員であったがカザマ商事買収の際に異を唱えたことにより

府中工場の総務部長に左遷されてしまう。

左遷先で会社のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャー(GM)を兼務し、

アストロズ再建というミッションを課せられる。

松たか子/君嶋真希(きみしままき)役

君嶋の妻。君嶋を尻に敷いているが、最大の理解者でもある。

西郷輝彦/島本 博(しまもとひろし)役

君嶋が務める大手自動車メーカー「トキワ自動車」の社長。

ラグビーチーム「アストロズ」の創設者。

大谷亮平/柴門琢磨(さいもんたくま)役

アストロズの監督として招聘され、君嶋とともにアストロズ再建を目指すパートナー。

勝ちにこだわる情熱的な男。

川田裕美/柴門シオリ(さいもんしおり)役

柴門琢磨の妻。君嶋と因縁がある。

高橋光臣/岸和田 徹(きしわだてつ)役

アストロズの主将。自分が活躍することよりも、チームとしての勝利を一番に考えている。

チームメイトからの信頼も厚い。

笹本玲奈/佐倉多英(さくらたえ)役

総務部での君嶋の直属の部下。

ときに反目しながらも、君嶋に的確なアドバイスを与えるよきパートナー。

アナリストとしてアストロズのデータ分析をすることで練習や試合に役立てている。

上川隆也/滝川桂一郎(たきがわけいいちろう)役

トキワ自動車の常務取締役営業本部長。君嶋の天敵。

カザマ商事買収の際に対立した君嶋を府中工場に飛ばした張本人。

中村芝翫/風間有也(かざまゆうや)役

カザマ商事3代目社長。君嶋が工場に飛ばされる原因となった企業買収先の社長。

眞栄田郷敦/七尾圭太(ななおけいた)役

トキワ自動車本社海外事業部に所属している。帰国子女で人当たりがよく、礼儀正しい。

大学時代に夢を断たれ挫折した経験があり、以来「普通の生活」を送ろうとしている。

君嶋との出会いで人生が一変し、君嶋にとっても再起を図る切り札となっていく。

入江甚儀/星野信輝(ほしののぶてる)役

トキワ自動車研究所の研究員。

村田雄浩/吉原欣二(よしはらきんじ)役

トキワ自動車府中工場の前総務部長。アストロズの前GMでもある。

藤原光博(リットン調査団)/新堂智也(しんどうともや)役

トキワ自動車府中工場長

濱津隆之/青野 宏(あおのひろし)役

トキワ自動車を揺るがす「ある事件」について知る男

阿部純子/藤島レナ(ふじしまれな)役

トキワ自動車海外事業部員。アストロズの熱狂的なファン。

のちにレナの言動が七尾やアストロズを動かすことになる。

天野義久/本波寛人(もとなみひろと)役

アストロズのバックス。若手をまとめるリーダー格。

廣瀬俊朗/浜畑 譲(はまはたじょう)役

アストロズのスタンドオフ。チームの一番人気。

【関連記事・廣瀬俊朗の嫁や子供は?櫻井翔と慶応同級生!【ノーサイドゲーム】

佳久 創/里村亮太(さとむらりょうた)役

アストロズのスクラムハーフ。浜畑とともにアストロズを牽引するスター。

林家たま平/佐々 一(ささはじめ)役

アストロズのスクラムハーフ。ジュニア・アストロズを指導する機会が多く、「コーチ」と

呼ばれている。

コージ(ブリリアン)/友部祐規(ともべゆうき)役

アストロズの右プロップ。入社2年目。

南端まいな/吉田夏帆(よしだかほ)役

トキワ自動車に務める女性社員。

渡辺裕之/津田三郎(つださぶろう)役

サイクロンズの名将。アストロズの柴門と因縁がある。

松尾 諭/鍵原誠(かぎはらまこと)役

サイクロンズのGM。業界通でもある。

佐伯大地/富野賢作(とみのけんさく)役

サイクロンズおよび日本代表のスタンドオフを務めている。

<その他キャスト>

齊藤祐也/安西信彦(あんざいのぶひこ)役

村田 琳/有馬真吾(ありましんご)役

笠原ゴーフォワード/笠原 豪(かさはらごう)役

<アストロズ部員>

勝山 翔/中本元気(なかもとげんき)役

榎本鉄平/玉木俊太(たまきしゅんた)役

眞弓葉詩/高輪祐太(たかなわゆうた)役

飯野雄貴/飯野雄貴(いいのゆうき)役

田沼広之/西荻 崇(にしおぎたかし)役

鶴ケ﨑好昭/岬 洋(みさきひろし)役

株木孝行/林田公一(はやしだこういち)役

水本竜弥/立川 悟(たてかわさとる)役

端本太郎/端本太郎(はしもとたろう)役

北川勇次/大和航平(やまとこうへい)役

仲村慎祐/仲村慎祐(なかむらしんすけ)役

伊吹誠介/伊吹誠介(いぶきせいすけ)役

森本竜馬/森本竜馬(もりもとりょうま)役

石川悠太/石川悠太(いしかわゆうた)役

板垣悠太/秋元太一(あきもとたいち)役

邉津勘太/小野勘太(おのかんた)役

小西大樹/小西大樹(こにしだいき)役

髙橋銀太郎/戸村銀太郎(とむらぎんたろう)役

岩爪 航/岩爪 航(いわつめわたる)役

井上卓哉/井上卓哉(いのうえたくや)役

新井龍一/新井龍一(あらいりゅういち)役

阿久根 潤/阿久根 潤(あくねじゅん)役

工藤元気/工藤元気(くどうげんき)役

スポンサードリンク

『ノーサイド・ゲーム』のあらすじは?

主人公は大手自動車メーカー、トキワ自動車に勤める君嶋隼人です。

幹部候補とまで言われていた君嶋は、常務取締役営業本部長の滝川が主導していたカザマ商事買収に反対し

府中工場の総務部長に左遷されてしまいます。

左遷に落胆する君嶋でしたが、そんな矢先、

ときわ自動車のラグビーチーム「アストロズ」のGM(ゼネラルマネージャー)を兼任するよう命じられます。

かつては強豪チームであったアストロズも、現在は弱小チーム。

ラグビー社会人リーグであるプラチナリーグでも2部降格ギリギリのラインにとどまるチームで

収益ゼロのチームとなっていました。

君嶋はラグビーの経験も知識もありませんが、「チーム再建」というミッションを課せられます。

君嶋はどのようにアストロズを再建させていくのか、

そして自身もどのように出世街道へ戻ろうとするのか。

『ノーサイド・ゲーム』は「チームの復活」と「出世街道への復活」という

スポーツとビジネスの2面性をもつ作品なのです。

『ノーサイド・ゲーム』の原作小説は?違いはある?

『ノーサイド・ゲーム』の著者は池井戸潤さん。

池井戸潤さんといえば『半沢直樹シリーズ』や『下町ロケット』など

多くのサラリーマンの反響を得た作品が多いですよね♪

タイトルの「ノーサイド」とはラグビー用語で「試合終了」という意味。

今回は純粋なビジネス小説ではなく、ラグビー小説にもなっています。

原作は2019年6月13日に発売されたばかり!

原作発売からわずか1ヶ月ほどでテレビで放送されます。

原作ということで、大筋のストーリー構成は小説の通り進むと思います。

ドラマならではのオリジナル要素としては、

・原作では横浜工場へ左遷された(ドラマでは府中工場)

という点がありますが、ストーリー展開に大きく影響する点ではないと思います。

『ノーサイド・ゲーム』の脚本・演出は?

脚本:丑尾健太郎さん(『下町ロケット』『ブラックペアン』『ショムニ2013』等)ほか

音楽:服部隆之さん(『真田丸』『半沢直樹』『下町ロケット』等)

演出:福澤克雄さん(『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』等)ほか

プロデューサー:伊與田英徳さん(『半沢直樹』『下町ロケット』『陸王』等)ほか

脚本は『下町ロケット』も手がけた丑尾健太郎さんが担当します!

作品は緊張感がある重厚な雰囲気の物が多いですが、

その中でもスピード感とエンターテインメント性を重要視しています。

おそらく「早く次が見たい!」と思わせるような演出になるのではないでしょうか♪

『半沢直樹』『下町ロケット』等、過去に池井戸潤作品を手がけてきたスタッフを起用しているので

ドラマ全体の雰囲気は大きく変わらないでしょう♪

スポンサードリンク

『ノーサイド・ゲーム』の最終回をネタバレ結末予想

今回は「ビジネスの側面」と「ラグビーの側面」を融合させた展開となります。

おそらくラグビーの精神である

「ALL FOR ONE,ONE FOR ALL」(自分を犠牲にすることなく味方を活かす)や

「ノーサイド精神」(試合終了後には試合の禍根は持ち込まない)

などの精神を、最終的に仕事をする上での考え方と結びつけていくのだと思います。

実際に原作を読んだ方の口コミを見てみると、

「スポーツチームの経営と会社経営は似ている」

「人を陥れるようなことをせず頑張る人が報われるんだと感じた」等のコメントが見られました。

また、「ラグビー界の問題点を知れた」「ルールがわからなくても臨場感が伝わる」

というコメントもあるので、ラグビーのルールはわからなくても問題なさそうです。

池井戸潤さんの作品には、ラストまで駆け抜けるような爽快感と、

主人公の人徳や決して折れない心、それに心打たれついていく部下たち・・・という構成が多いですよね。

おそらく『ノーサイド・ゲーム』でも主人公・君嶋は周りの助けを得ながら

最後には出世街道に戻っていく展開となり、最終回は気持ちのいい終わり方をするのではないでしょうか♪

『ノーサイド・ゲーム』の最終回ネタバレ結末を原作漫画から予想!あらすじやキャストも:まとめ

池井戸潤さん×大泉洋さんで話題のドラマ『ノーサイド・ゲーム』について

ネタバレを含むあらすじ紹介や、キャスト、スタッフまとめ、

さらに最終回結末原作から予想してみましたがいかがでしたでしょうか。

原作小説はすでに刊行されているので、最終回結末を一足先に見たいという方は

実際に読んでドラマとの違いを予想してみるのも楽しめそうですよね♪

私も番組HP等でキャストあらすじネタバレ情報をチェックしつつ、

7月7日からの『ノーサイド・ゲーム』の放送を楽しみに待ちたいと思います!

Sponsored Link
テキストのコピーはできません。