『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』の最終回ネタバレ結末を台湾版から予想!あらすじやキャストも

僕はまだ君を愛さないことができる 2019年夏ドラマ
Sponsored Link

7月15日からFODで限定配信されるドラマ『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』。

実力派若手俳優の白洲迅さんと人気女優足立梨花さんを主演キャストに迎えた、注目のドラマです。

台湾版原作は台湾のみならずアジア中で大ヒットを記録した『イタズラな恋愛白書』です。

日本版と原作版との違いやネタバレ最終回結末はどのようになるのか、気になりますよね。

そこで今回は、『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』のネタバレ予想最終回の結末予想などを中心にご紹介していきたいと思います。

1話から見直したい方や見逃してしまった方は
『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』動画を

【FODプレミアム】という動画配信サービスで今なら1か月無料キャンペーン中で見れますよ!


FODプレミアムで『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』を
無料で見るならこちら!

▲FODなら1か月以内に解約すれば無料で視聴できます▲

 

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』のキャストは?

足立梨花/御手洗陽(みたらいよう)役

 

靴メーカーに勤務し、商品開発部の主任を任されている30歳。

仕事にはやり甲斐を感じているけれど、恋愛は全く上手くいかない日々を送っていました。

学生時代、蓮から「君を好きにならない」と言われたことをずっと気にしています。

突然消えた元カレが再び現れ、忘れたはずの思いが再び蘇ってくるのですが…。

 

陽は、原作台湾版において日本でも人気の高い女優であるアリエル・リンさんが演じている、ヨウチンに当たる役です。

そんな陽を演じるのは、ドラマや映画だけでなく、タレントとしてバラエティでも大活躍中の若手女優・足立梨花さん。

 

このドラマでは恋に仕事に一生懸命なキャリアウーマンを演じます。

 

個人的には、足立梨花さんは可愛らしい役が多いイメージがあるので、少し気の強いキャリアウーマンをどのように演じてくれるのかが楽しみです。

白洲迅/石田 蓮(いしだれん)役

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日の衣装 セットアップ @kai_phablic シャツ @tagswkgptyproductions 靴 @munichsportsjapan

白洲迅さん(@jin_shirasu_official)がシェアした投稿 –

 

陽の高校・大学の同級生で、デベロッパー勤務。

陽の最大の理解者であり、親友でもあります。

学生時代から長年陽に想いを寄せていますが、親友としてずっと側で彼女を支えています。

学生時代、「君を好きにならない」と宣言したのには理由があって…。

 

 

ヒロインの陽を一途に愛する蓮を演じるのは、若手実力派俳優の白洲迅さん。

 

石田蓮は、原作台湾版で人気俳優チェン・ボーリンさんが演じていた、ダーレンに当たる役ですね。

 

白洲迅さんは映画やドラマなど多数の作品に出演していますが、その作品毎に違った魅力を発揮している、演技派の俳優さんです。

 

台湾版原作でのこの役は視聴者から大変人気があり、チェン・ボーリンさんは一躍ブレイクを果たしました。

 

台湾では、「ダーレンは理想の彼氏」と言われるほど。

 

このドラマはヒロインを一途に愛し支える蓮の素敵さが一番の見所なので、白洲迅さんの演技が今から楽しみです!

浅香航大/水沢竜星役

 

この投稿をInstagramで見る

 

マネージャーがインスタやれってうるさいんで、はじめました よろしくお願いしまーす

浅香 航大さん(@kodai_asaka)がシェアした投稿 –

 

陽の元カレ。

強引でワガママな性格です。

ある日突然陽の前から姿を消してしまいましが、再び陽の前に姿を現し、彼女を振り回します。

 

原作台湾版ではサニー・ワンさん演じるヨウリーウェイの役ですが、陽の心を掻き乱し振り回す元カレ役を演じるのは、注目の若手俳優・浅香航大さんです。

 

2008年まではジャニーズ事務所に所属していたこともあり、実は芸歴の長い浅香航大さん。

 

ジャニーズ事務所退所後、本格的に俳優として活動を始め、NHKの連続ドラマ小説『マッサン』や『ひよっこ』などに出演しています。

 

少しネタバレになりますが、台湾版原作では最終回までヒロインを振り回していたこのキャラクター。

 

台湾版原作では癖の強い役だったので、浅香航大さんがどのように演じるのか楽しみですね!

松本妃代/河野麻希役

 

蓮の部下の派遣社員。

甘え上手な女の子です。

蓮を好きになってからというもの、積極的にアプローチするようになります。

 

原作台湾版ではアンドレア・チェンさん演じるマギーの役である河野麻希。

 

そんな河野麻希を演じるのは、松本妃代さん。

 

スズキラパンのCM『横顔編』出演している、美しい女優さんです。

 

2010年に芸能界入りし、2015年に本格的に女優としての活動を開始しました。

 

2017年にはミュージカルで初主演を果たすなど、その演技力には定評があります。

佐久間 悠/鳴海 悠役

陽のアシスタント。

向上心が高く優しい年下男子です。

陽に積極的に近付いてくるようになるのですが…。

 

台湾版原作において、主人公の二人の関係が変化するきっかけとなるこのキャラクターを演じるのは、新人俳優の佐久間悠さんです。

 

佐久間悠さんは、若干20歳の超若手俳優さんなんです!

 

私はまだ佐久間悠さんの演技を見たことがないので、楽しみにしています。

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』のあらすじは?

靴のメーカーに勤務する御手洗陽、30歳

 

商品開発部の主任を任されるほどのキャリアウーマンです。

 

仕事は順調でやり甲斐もあるのですが、恋愛に関しては失敗続き。

 

もちろん、結婚できる気配もありません。

 

そんな陽の最大の理解者であり親友が、高校・大学時代の同級生、石田蓮

 

デベロッパー勤務で優しく紳士的な蓮は、実はとてもモテる男性です。

 

しかし、蓮は学生時代からずっと陽を一途に想い続けていました。

 

それでもその想いをひた隠しにし、親友として陽の側でずっと彼女を支えてきた蓮。

 

陽の誕生日の日、蓮と陽はある賭けをします。

 

それは、「30歳最後の日までに先に結婚した方が高額なご祝儀を払う」というもの。

 

その賭けをきっかけに、二人を取り巻く恋模様が一変します。

 

連は部下の河野麻希からの積極的なアプローチを受け、満更でもない様子。

 

一方の陽は、突然自分の前から姿を消した元カレの水沢竜星が再び現れ、心をかき乱されてしまいます。

 

水沢から深く傷付けられたことを知っていた連は、再び水沢に気持ちが揺らぐ陽を見ていられません。

 

そして、15年隠していた自分の想いを抑えきれなくなるのでした。

スポンサードリンク

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』の原作台湾版は?違いはある?

大ヒットした原作台湾版のリメイク版であるこの作品。

 

公式サイトには「原作の魅力的な部分はそのままで、日本版のオリジナル要素もたっぷりと詰め込んでいる」とも記されていますので、日本版と原作台湾版のあらすじでは、わずかに違いがあるようです。

 

しかし、「友達以上恋人未満」の二人が織りなすラブストーリー、という大筋の設定に違いはなさそうですね。

 

原作台湾版の魅力的な部分といえば、ヨウチンを一途に思い続けるダーレンの素敵さなのですが、その辺りは日本版のダーレン・石田蓮でも同じように描かれると思います!

 

しかし、石田蓮の職業が航空会社勤務ではなくデベロッパーだという設定なので、その辺りが日本版と原作とのあらすじの違いに影響してくる可能性もありますね!

 

また、原作台湾版では二人の賭けの設定が「30歳最後の日まで」ではなく、「35歳まで」なので少し違っています。

 

この設定がドラマの展開に影響するのかどうかは、見てからのお楽しみなのかもしれません!

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』の脚本・監督は?

脚本は、「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」「きみはペット」を手がけたの新井友香さんと古賀文恵さん、そして今奈良孝行さんです。

 

監督は同じく「きみはペット」の熊坂出さん、そして玉澤恭平と山田卓司さんです。

 

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』は、「イタズラなKiss」シリーズや「きみはペット」といった、日本のみならずアジア中でヒットを記録した作品の制作チームが再集結!

 

とても面白い作品に仕上がるのではないかと期待しています!

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』の最終回をネタバレ結末予想

 

ここまで、『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』のあらすじや出演キャストを見てきましたが、ここで最終回のネタバレや結末予想をしてみたいと思います。

 

以下、原作台湾版のネタバレを含みますのでご注意下さいね!

 

 

 

 

原作台湾版の最終回は、ヨウチンとダーレンが無事結婚する…という結末を迎え、皆が幸せになるハッピーエンドでした!

 

一度リーウェイと結婚しようとするヨウチンでしたが、最終的にはダーレンを選んだんですね。

 

日本版でも、原作台湾版と同じようなハッピーエンドの結末を迎えるのではないかと予想します!

 

ただ、最終回でも出てくる、ダーレンがヨウチンへの想いを歌詞にして綴った素敵な曲を歌うシーン。

 

とても素敵な曲なのですが、その辺りは描かれないのではないかと思います

 

台湾ドラマでは愛する人の為に歌を歌う…というシーンはたまに見かける演出なのですが、日本ではあまり馴染みのない演出ですよね。

 

それでも、原作台湾版の最終回の結末と大きく違った結末にはならないと思うので、楽しみにしていたいと思います!

『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』の最終回ネタバレ結末を台湾版から予想!あらすじやキャストも:まとめ

以上、『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』のネタバレ予想や、最終回の結末予想でした。

 

台湾版原作はあらすじもキャストも最高で、とても面白かったこのドラマ。

 

日本版ではオリジナル要素も加えながら、台湾版原作あらすじとほぼ同じような展開になるのではないかと予想します。

 

台湾版の最終回は皆が幸せになれる結末でしたので、日本版もそうであってほしいですね!

 

1話から見直したい方や見逃してしまった方は
『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』動画を

【FODプレミアム】という動画配信サービスで今なら1か月無料キャンペーン中で見れますよ!


FODプレミアムで『僕はまだ君を愛さないことができる(日本版)』を
無料で見るならこちら!

▲FODなら1か月以内に解約すれば無料で視聴できます▲

Sponsored Link
Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました