プロ野球 順位予想2019年最新!パリーグ・セリーグの順位予想は?

Sponsored Link

2019年3月29日にとうとうNPBのペナントリーグ開幕となり、プロ野球開幕ですね!!

という事で今回は、ちょっと遅めではございますが、【プロ野球の順位予想!2019年最新!】と題しまして、セ・リーグ、パ・リーグの順位予想を行いたいと思います。

賛否はもちろんあるかとは思いますが、ぜひ温かい目で見ていただけたら幸いです。

DAZN(ダ・ゾーン)ならMLBライブ中継も見逃し配信も見放題!

【プロ野球の順位予想!2019年最新!】セ・リーグの順位予想を発表!


それではまず

順位予想と一言の理由を添え発表します。

1位 巨人 戦力に不安が少ない

2位 広島東洋カープ 投手陣・野手陣に一抹の不安

3位 横浜DeNAベイスターズ 昨年のようにならなければ

4位 中日ドラゴンズ 将来性抜群の選手ばかりだが…

5位 ヤクルトスワローズ 投手陣に不安要素が

6位 阪神タイガース 明るい情報が少なすぎる

以上が筆者が予想した順位です。

セリーグ予想1位は巨人!


まず巨人を1位に予想した理由は、戦力にあまり不安がないというのが理由です。

丸佳浩選手のFAでの加入や首脳陣の大幅の入れ替えなどといった明るい情報がたくさんあります。

全く不安要素が無いと言ったら嘘になりますが、他球団に比べ不安要素が少ないため

今回、1位に予想させていただきました。

セリーグ予想2位は広島東洋カープ


次は2位に予想した広島東洋カープですが

理由は、打線の中軸の移籍・精神的支柱の引退・投手陣に不安

以上3つが理由です。

丸佳浩選手のFAでの移籍に新井選手の引退など穴埋めが中々進まないですし、あまり勝ちが計算できない先発の不足など不安要素があります。

以上の不安要素があってもそれをカバーできるほどの力を広島東洋カープは持っています。

ですので今回は広島東洋カープを2位予想させていただきました。

セリーグ予想3位は横浜DeNAベイスターズ


次は3位に予想した横浜DeNAベイスターズですが、

理由は、昨シーズンのようにならなければ優勝を狙えるチームだからです。

18年シーズンの横浜DeNAベイスターズは、怪我人や不調の選手の続出によりなかなか思ったような試合運びができない試合が多かったです。

ですが、今年のキャンプの情報などを目にしますと怪我人の情報をあまり見ませんし明るい情報が多い気がします。

ではなぜ3位に予想したかと言いますと野手の層の薄さや先発陣に不安があるためです。

しかし主力の選手については問題がない限り、優勝を狙える選手ばかりです。

ですので3位に予想させていただきました。

セリーグ予想4位は中日ドラゴンズ

次は4位予想の中日ドラゴンズなのですが、

理由は

楽しみな選手ばかりですが…まだ不安な要素も多いですね。

中日ドラゴンズには、将来が楽しみな若手選手ばかりで

いつブレイクしてもおかしくない選手ばかりです。

しかし、その選手たちが

2019年シーズンにブレイクするとは限りませんし現段階の戦力ですと、かなり未知数です。

未知数ではありますが5,6位よりも戦力的には安定しているのではないかと考えたため、4位に予想しました。

スポンサードリンク

セリーグ予想5位はヤクルトスワローズ


次は5位に予想したヤクルトスワローズですが

理由は投手陣に不安があるためです。

18年シーズンのヤクルトスワローズは、17年シーズンの雪辱を果たし、2位という成績を収めまています。

しかし、CSでは投手陣の弱さが露呈し、3位の巨人に敗退しました。

18年シーズンは巻き返しを狙いたいのですが、18年シーズンに活躍した選手たちは、年齢が高い人が多いのです。

19年シーズンも同様の活躍が出来るかどうか?

となった場合は、非常に難しいかと思います。

ヤクルトスワローズの最大の武器である強力打線の主力も年齢が高い選手ばかりですので2019年シーズンは5位になるのではと予想させていただきました。

セリーグ予想6位は阪神タイガーズ


最後は6位と予想した阪神タイガーズですが

理由は、あまりにも明るい情報が少なすぎるためです。

18年シーズンはもどかしい試合内容の試合が続きシーズン6位という成績に終わりました。

投手、野手ともに力をつけ巻き返しを狙いたい阪神ですが、

キャンプ情報などを目にしても明るい情報があまりに無いのが事実です。

ですので6位の予想をさせていただきました。

以上で、セ・リーグの順位予想を終了とします。

みなさんの予想はどんなものですか?

教えていただけたら幸いです。

スポンサードリンク

プロ野球の順位予想!2019年最新!パ・リーグの順位予想を発表!

続きまして、パ・リーグの

順位予想を発表していきます。

1位 ソフトバンクホークス 選手層は厚いが…

2位 日本ハムファイターズ 投手陣が不安

3位 西武ライオンズ 投手陣がどう機能するか

4位 東北楽天ゴールデンイーグルス 投手陣に多少の不安

5位 千葉ロッテマリーンズ 多少ではあるが力はつけていっている

6位 オリックス・バファローズ 主力が続々流出

以上が筆者が予想した順位です。

パリーグ予想1位はソフトバンクホークス


まず1位に予想したソフトバンクホークスですが

理由は

選手層の厚さは文句なしですが、高齢化や若手の台頭が乏しいということが理由です。

12球団イチの選手層を誇るソフトバンクホークスですが、野手の顔ブレはほぼ変わりませんし

ほとんどの1軍の野手が30代と高齢の野手ばかり。

投手陣については、イニングイーターが少なく中継ぎ陣の登板過多になどの不安要素があります。

しかし、他球団に比べたら、不安要素が少ないのでは?と考えました。

こういった事を踏まえ、1位に予想しました。

パリーグ予想2位は日本ハムファイターズ


続いて2位に予想した日本ハムファイターズの理由は

野手陣は不安要素が少ないですが、投手陣の力が未知数ということが理由です。

野手陣はそこまで不安はないのですが投手陣が未知数で、金子弌大選手や堀瑞樹選手など期待できる選手はいます。

しかし、期待できる選手ばかりなのですが、現時点での計算というのが難しいため、2位という順位に予想させていただきました。

パリーグ予想3位は西武ライオンズ


3位予想の西武ライオンズの理由は「投手陣に不安」という一言につきます。

”山賊打線”の異名のもと、18年のパ・リーグの王者に輝きますが

CSではソフトバンクホークスとの投手力の差が露呈し、敗退しました。

その雪辱を果たすべく2019年シーズンに挑みたいのですが

勝ちの計算ができない先発がほとんどなどとあまり明るい情報がでません。

野手陣は浅村栄斗選手が抜けたというウィークポイントがありますが、

そこは他の選手でカバーできるほどの力を持っています。

2018年シーズンも投手陣の非力さを野手陣でカバーできていましたが

2019年シーズンは微妙と考え、3位に予想させていただきました。

スポンサードリンク

パリーグ予想4位は東北楽天ゴールデンイーグルス


4位に予想した東北楽天ゴールデンイーグルスですが

理由は、投手陣に不安があるためです。

野手陣については、浅村栄斗選手の獲得など不安要素が少ないですが

投手陣は、勝ち頭の則本昴大選手の怪我などで計算できるピッチャーが岸孝之選手のみという

厳しい状況です。

しかし、将来が期待できる若手選手が、東北楽天ゴールデンイーグルスにはいるので

4位に予想させていただきました。

パリーグ予想5位は千葉ロッテマリーンズ

続いては5位に予想した千葉ロッテマリーンズですが

理由は、着実に力は付けていますが厳しい状況だからです。

井上晴哉選手やブランドン・レアード選手の加入などとホームランが期待できるバッターはいます。

しかし、他の選手の非力さが目立つところなどと野手陣にも不安要素があります。

そして一番大きい不安要素は投手陣です。

マイク・ボルシンガー選手といった勝ち頭はいますが、かなり厳しい状況には間違いありません。

若手選手がアピールするチャンスは他球団に比べ多い球団です。

ですので、ぜひ若手選手には頑張っていただきたいです。

戦力に未知数な部分がありますので5位に予想させていただきました。

パリーグ予想6位はオリックス・バファローズ

最後は6位に予想させていただいた

オリックス・バファローズですが、理由は

【主力の相次ぐ離脱により大幅な戦力ダウンになった】ためです。

長年チームの勝ち頭として活躍していた金子弌大選手と西勇輝選手の離脱などと少し不安が多すぎて、ちょっとやそっとじゃ解決できないほどの穴が生じてしまいました。

18年シーズンに大ブレイクした山本由伸選手の先発転向といった話題がありますが、未知数な部分が非常に多いため

6位と予想させていただきました。

スポンサードリンク

プロ野球の順位予想!2019年最新!ネット上でみんなの声は?


セ・パ両リーグの順位予想を筆者なりに予想したのですが、他の方はどんな予想をしているのか?

紹介していきたいと思います。

「ソフトバンクホークスは実績のあるベテラン・中堅・若手が所属していて

やっぱり他球団との戦力差がありすぎる。

張り合えるとした野手・投手がそろってる日本ハムファイターズかな。

3位は意外とオリックス・バファローズかな。

昨年のチャンピオンの西武ライオンズは戦力が落ちたのは明白。

東北楽天ゴールデンイーグルスは則本の怪我が痛すぎる。

千葉ロッテマリーンズは課題点が多すぎる。

セ・リーグは広島東洋カープの4連覇を予想。

主力が抜けても埋めれる育成ができるのが広島東洋カープ。

2位は横浜DeNAベイスターズを予想

昨シーズンはたまたま主力の怪我や不調で

順位を落としただけで

本来であれば、広島東洋カープを脅かすほどの

戦力を誇ってる。

巨人については、僕の持論だが

大型補強をしたチームは優勝争いできずに、

Bクラスでシーズンを終えると思う。

ヤクルトスワローズはぎりぎり3位に終わって

中日ドラゴンズは底力を感じて、非常に魅力的な球団だが

4,5位だと思う。

阪神タイガーズについては、戦力が他球団に比べ

圧倒的な差があるから、

最下位だと思う。」

「ソフトバンクホークスについては優勝は当確でしょ、

年齢のことや怪我がどうのこうの言う人がいるけど

ソフトバンクホークスは優勝して当たり前の戦力だと思う。

千葉ロッテマリーンズは野手の層が非常に厚くなったから

後は、リリーフが頑張らなければいけないと思う。

日本ハムファイターズは打線が弱いと思う。

投手陣が力を出せれば、3位は固いと思う。

西武ライオンズの打線の強力さは相変わらずだと思うけど、

投手陣がボロボロすぎて目も当てられない。

オリックスバファローズは投手陣が弱体化しすぎた。

打線もジョーイ・メセネスが中軸になれれば

不安が少ないかと思う。

東北楽天ゴールデンイーグルスは則本昴大の離脱が痛すぎだし

投手陣はボロボロ。

野手もお粗末なバッティングばかりする選手が多く

厳しいと予想。

セ・リーグの予想は

広島東洋カープの優勝を予想

丸佳浩がどうのこうのいう人いるけど

チーム力というか結束力は

他球団を圧倒してる。

横浜DeNAベイスターズは2位かな

投手陣が万全ならの話だけど。

野手については問題ない。

唯一広島東洋カープ以外で優勝が期待できるチームでもあると思う。

ヤクルトスワローズは救援陣が昨年通りに働いて

先発がしっかりすればAクラスは固いと思う。

巨人は投手力全てにおいて不足してると思う。

野手陣も打線が繋がらず

チャンスの場面でも凡退して終わり。

っていうパターンが終始続くと思う。

岡本和真は2年目のジンクスで活躍できないと思う。

中日ドラゴンズは、投手陣がオープン戦通りで

打線も昨年同様だったらいいと思う。

正直、中日ドラゴンズが台風の目だと思う。

阪神タイガースは唯一のBクラス確定のチーム。

投手力を強化しても

打線が非力すぎる。

ルーキーだよりって時点でチョット…」

以上が他の方が予想した順位です。

いろんな考えがあって、

筆者も考え直したくなっちゃいました(笑)

スポンサードリンク

プロ野球 順位予想2019年最新!パリーグ・セリーグの順位予想は?のまとめ

いかがでしたでしょうか?

みなさんはどこの球団を優勝チームと予想しましたか?

もう開幕ですので、応援している球団を全力で応援しましょう!!

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

DAZN(ダ・ゾーン)ならMLBライブ中継も見逃し配信も見放題!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。