代役も完璧にこなしたドラマの名バイプレーヤー!浅野和之は家事オタク?

Sponsored Link

8月04日(土)12:00~13:30放送「メレンゲの気持ち」に浅野和之さんが出演されます。

「浅野和之」と聞いてパッとこの人!と思い浮かばないかもしれませんが、

お顔をみたら、「ああ~この人、ドラマで見たな」と分かるはずです。

そんな名バイプレーヤーとしても名高い浅野和之さん、

「メレンゲの気持ち」に出演し、意外な一面を見せてくれています。

さてどんな方なのか、さっそく調べてみました。

スポンサードリンク

浅野和之さんのプロフィール

芸名:浅野 和之(あさの かずゆき)

本名:加藤 斎孝(かとう なりたか)

生年月日:1954年2月2日

東京都出身。シス・カンパニー所属。

特技はパントマイム、血液型はA型。

特技のパントマイムっていうのが気になりますね!

浅野和之の経歴は?

「安部公房スタジオ」

(昭和48年に創設された伝説の劇団。しかし6年ほどで解散してしまいました。)を経て

1987年に有名な演出家の野田秀樹さんが率いる劇団である”夢の遊民社”に入団します。

1992年に劇団解散後も、舞台に留まらず映画、テレビ、ナレーション、朗読と様々な分野で活動しています。

趣味のパントマイムはプロ並みの腕前

浅野和之さんがパントマイムに触れたのは学生時代。

桐朋学園でパントマイムだけでなく、古典芸能から幅広く学んだそうです。

また20歳の頃ニューヨークに行った時に言葉が通じず身振り手振りで会話したところ、それが上手く通じて魅力を感じたそうです。

パントマイムの腕前はプロ級で自分の舞台で披露したり、自分が出演していない舞台のパントマイムの指導もしているそうです。

笑福亭鶴瓶さんも浅野和之さんの大ファンです。鶴瓶さんの番組に呼んで、即興でパントマイムを披露してもらったりしています。

スポンサードリンク

三谷幸喜作品の常連さんです

ドラマでも大活躍している浅野和之さん。

数多くの舞台作品にも出演しています。

三谷幸喜の手がける作品にも多数出演しています。

きっかけは、三谷幸喜作品の舞台でのピンチヒッターを引き受けたことからです。

出演予定だった演者が急きょ出演できなくなってしまったのは、舞台本番の3日前!

そのピンチの際に浅野和之が代役のオファーを受けたことでした。

三谷幸喜は、なんと代役を探そうと急いでタレント名鑑を開きながら、あいうえお順で真っ先に目に入ったのが浅野和之の名前だったそうです。

代役を受けた浅野和之は、たった3日で、歌、踊り、台詞を頭に叩き込み、本番を無事に乗り切りました。すごい俳優魂ですね!

ただし台詞だけは覚えきれず、実はイヤホンで指示をもらっていたりとフォローしてもらっていたそうですが、3日で舞台出演を果たしてしまうとは、まさに筋金入りの俳優さんであることを証明していますね。

それ以来、三谷幸喜は、浅野和之に信頼を寄せており多数の作品への出演を依頼しています。

結婚やお子さんはいるの?

詳細は不明ですが、浅野和之さんは一般の女性の方とご結婚されています。

そしてもう成人した大きいお子さんもいらっしゃるようです。

プライベートでは育児にも積極的に参加する優しいお父さんのようです。

イメージのまんまですね。

家事オタクの真相は・・?

役柄では優しくて温厚なイメージですが、私生活では、意外にもせっかちな性格なのだそうです。

そして番組では独特な、洗濯物のたたみ方を披露しています。

そして掃除機はなんと3台も持っていて使い分けているとのこと。

そして豪快で美味しいオトコ飯も作ったり、家事メンです!

家事もできる、素敵な旦那様ですね。

今後もたくさんのドラマで名バイプレーヤーとしてさらなる活躍を期待したいですね!

スポンサードリンク

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。