氷川きよしの兄弟や母や父親は?高校のモテエピソードがスゴイ!

〇ミュージシャン〇
Sponsored Link

2019紅白歌合戦では歌手別視聴率ランキング2位を記録した氷川きよしさん♪

 

2019年は「新しい自分を解放」ということで、女子力高めな美しいルックスや

演歌歌手でありばがらロック調の楽曲を激しく歌う姿など、

何かと注目されていました。

 

そんな氷川きよしさんの兄弟父、母などの家族構成に注目が集まっているようです!

さらに高校時代のモテエピソードも話題になっています☆

 

今回は今年デビュー20周年を迎える氷川きよしさんの兄弟がいるのか、

父、母など家族構成や、高校時代のモテエピソードなどをまとめてみました♪

 

氷川きよしのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

氷川きよし / HIKAWA KIYOSHI(@hikawa_kiyoshi_official)がシェアした投稿

名前:氷川きよし

本名:山田清志(やまだきよし)

生年月日:1977年9月6日(42歳)

出身:福岡県

身長:178cm

血液型:A型

特技:歌、人を愛すること

趣味:散歩、ジョギング、水泳、絵画、映画鑑賞、料理、お菓子作り、買い物、海外への旅で自分探し

所属:日本コロムビア

 

 

氷川きよしさんといえば「演歌界の貴公子」というキャッチフレーズが有名ですが、

デビューは2000年で、今年(2020年)2月にはデビュー20周年を迎えます♪

 

現在も所属している事務所、日本コロムビアの創立90周年記念アーティストとして

華々しくデビューしたこともあり、かなり期待の新人でした。

 

(引用:https://columbia.jp/artist-info/hikawa/discography/COBA-6072.html)

 

デビュー曲の『箱根八里の半次郎』はオリコン演歌チャート初登場7位を獲得し、

第33回日本作詩大賞も受賞、日本レコード大賞も受賞し、第51回NHK紅白歌合戦にも初出場。

『箱根八里の半次郎』はミリオンセラーも記録しました!

 

これらすべて、デビューした2000年のうちに成し遂げてしまったのですから

氷川きよしさんの凄さがよく分かると思います。

 

その後も「やだねったら やだね」で有名な『大井追っかけ音次郎』

「ズン、ズン、ズン、ズンドコ きよし」で有名な『きよしのズンドコ節』など

数々の作品をヒットさせ、多くの賞を受賞してきました。

 

演歌を知らなくても、氷川きよしさんの曲なら口ずさめる方も多いのではないでしょうか?^^

 

さらに、2017年にアニメ『ドラゴンボール超』の主題歌『限界突破×サバイバー』

アニソン界にも進出!

シャウトやヘッドバンギングをするなど、ロックな音楽にも注目が集まりました。

 

最近ではヴィジュアル系のような美しいルックスや

ジェンダーレスファッションのような点も話題となっていますよね^^

 

(引用:https://woman.infoseek.co.jp/news/photo/20200101hochi058)

 

2019年の紅白歌合戦でも、歌手別視聴率ランキングでは1位の嵐に次いで2位!

神龍に乗って熱唱する姿はかっこよかったですよね~♪

 

ありのままの姿を解放したという氷川きよしさん、

20周年イヤーもどのように魅せてくれるのか楽しみですね!

 

氷川きよしに兄弟はいる?父や母は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

氷川きよし / HIKAWA KIYOSHI(@hikawa_kiyoshi_official)がシェアした投稿

氷川きよしさんには兄弟はおらず、一人っ子のようです

 

タクシー運転手の父、母、氷川きよしさんの3人家族のようですね。

 

幼い頃は「キーちゃん」と呼ばれていました♪

今でもファンの方から「きーちゃん」「きーくん」と呼ばれているようです。

 

父は「男は男らしく」という考えの、いわゆる九州男児のような父

マニキュアを塗る氷川きよしさんを見て「好かん」と言ったそうです^^;

 

反対に、母はそんな女子力の高い氷川きよしさんに大賛成のようです♪

むしろ「やるんだったら徹底してやりなさい」とまで言われているそう!

 

ともあれ、幼い頃、父と一緒にプレイしたボンバーマンのエピソードなど、

テレビ番組やラジオなどでもご両親とのエピソードが出てくるので

仲の良い家族のようです♪

 

氷川きよしの高校時代はモテた!

 

この投稿をInstagramで見る

 

氷川きよし / HIKAWA KIYOSHI(@hikawa_kiyoshi_official)がシェアした投稿

氷川きよしさんは福岡第一商業高等学校でインテリアデザインを学んでいたそうですが、

高1のバレンタインデーにはチョコを10個以上もらうほどモテモテだったそうです!

 

実は小学校、中学校時代は少しふっくらとしていた氷川きよしさん。

今の姿からは想像ができませんが、寒天ダイエットで現在のようなスリムな体型になったそうです。

 

さらに高校時代には身長もぐっと伸びたそうです♪

 

芸能部で歌も特訓していたそうなので、

高身長、イケメン、歌もうまいとなると、モテモテなのもうなずけますよね^^

 

告白されることが多かった氷川きよしさんは、告白されたら必ず交際していたそうです(笑)

 

彼女がかぶることは決してなかったそうですが、

高校時代の氷川きよしさんは恋人の耐えない学生生活を送っていたのかもしれませんね!

 

演歌歌手を志したきっかけは高校時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

氷川きよし / HIKAWA KIYOSHI(@hikawa_kiyoshi_official)がシェアした投稿

氷川きよしさんは高校では芸能部に所属し、毎週カラオケのレッスンも受けていました。

 

それまでJ-POPやロックの歌手になりたかったそうなんですが、

芸能塾の先生(通称おじいちゃん先生)から勧められ演歌を教わっていたそうです♪

 

そこで鳥羽一郎さんの『兄弟船』の歌詞に感動し、演歌にハマっていきました。

 

高校3年生のときに芸能塾の活動の一環で老人ホームで演歌を披露したところ、

おじいちゃん、おばあちゃんが涙を流して喜んでくれたのを見て

演歌歌手になろうと決意したそうです☆

 

おじいちゃん先生が演歌を勧めてくれなかったら今の氷川きよしさんはいなかったのですね。

 

氷川きよしの兄弟や母や父親は?高校のモテエピソードがスゴイ!:まとめ

氷川きよしさんの経歴や兄弟母、父などの家族構成、

さらに高校時代のモテエピソードについて紹介しました!

 

兄弟はおらず、父、母との3人家族氷川きよしさんですが、

両親との仲は良いようで、度々家族エピソードを披露してくれています☆

 

高校1年生の頃が人生最大のモテ期だったようで、

バレンタインデーのチョコは10個以上!

身長も伸び、スリムな体型で、歌もうまかったのでさぞモテたことでしょう。

 

告白されたら必ず付き合っていたそうですが、

氷川きよしさんなら一人ひとりと向き合ってしっかりお付き合いをしていそうですよね♪

 

演歌歌手という枠にとらわれない活躍をされている氷川きよしさんの今後の活躍も楽しみにしています!

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました