川澄奈穂美が衝撃を受けた天才GK佐藤愛香は難聴乗り越え映画出演もしたなでしこ!

Sponsored Link

W杯でなでしこJAPANを世界一に導いたメンバーの一人である川澄奈穂美(かわすみなほみ)さんが衝撃を受けた天才ゴールキーパーがいました。

彼女は佐藤愛香(さとうあいか)さんという天才キーパーでした。

川澄奈穂美さんが衝撃を受けた天才キーパーである佐藤愛香さんは、どんなゴールキーパーで現在はどうしているのでしょうか?

『消えた天才』佐藤愛香さんと川澄奈穂美さんの友情秘話についても明かされるそうです。

そんな川澄奈穂美さんが衝撃を受けた天才キーパーである佐藤愛香さんについて調べてみました!

スポンサードリンク

川澄奈穂美が衝撃を受けた天才キーパーである佐藤愛香とは?

佐藤愛香(さとうあいか)

1985年生まれ

出身地:神奈川県大和市

学歴:大和市立中央林間小学校
→大和市立つきみ野中学校
→神奈川県立弥栄西高等学校
→アニメの専門学校

佐藤愛香さんは神奈川県大和市の出身。

地元でサッカーをしていて川澄奈穂美さんとは小学校からの同級生で幼なじみなんです。

そして高校卒業後は、アニメの専門学校に進学し、一般企業に就職されていました。

川澄奈穂美の経歴

川澄奈穂美(かわすみなほみ)

生年月日: 1985年9月23日

出身地:神奈川県大和市

学歴:日本体育大学体育学部体育学科

ポジション:FW、MF

川澄奈穂美さんは3歳年上のお姉さんの影響でサッカーを始めています。

川澄奈穂美と佐藤愛香の出会いは?

川澄奈穂美さんと佐藤愛香さんは、小学校の同級生で実家も近所の幼なじみ同士でした。

佐藤愛香さんがサッカーを始めたきっかけは、川澄奈穂美さんが佐藤愛香さんに『やろうよ!』と声をかけたそうです。

小学校2年生から川澄奈穂美さんは林間SCレモンズに所属していて、佐藤愛香さんもチームメイトでした。

さらにこの林間SCレモンズで、上尾野辺 めぐみ選手(アルビレックス新潟レディース)とも出会っています。

小学校6年の時には、林間SCレモンズで川澄奈穂美選手と上尾野辺 めぐみ選手の活躍もあり、『清水カップ』で優勝を勝ち取っています。

中学、高校時代も共に『大和シルフィード』に所属していました。

高校時代には、『ティファール・カップレディースフットサル大会』という全国大会で優勝しています。

スポンサードリンク

川澄奈穂美と佐藤愛香のチーム監督が父だった!

実は川澄奈穂美さんと佐藤愛香さんが中高で所属していたチーム『大和シルフィード』は、その当時、林間SCレモンズを卒業したあとにプレーする環境がなかったことから立ち上げて発足したチームでした。

さらに佐藤愛香さんのお父さんが『大和シルフィード』の監督もされていて、マネージャーは佐藤愛香さんのお母さんがつとめていました。

まさに家族ぐるみでの支えがあったからこそ、現在の佐藤愛香さんや川澄奈穂美さんの活躍があるんですね!

佐藤愛香は聴覚障害でも天才キーパーだった!

佐藤愛香さんは先天性の聴覚障害を持っていました。

そのため、プレーする時は補聴器をつけながらプレーしていたそうです。

しかし、サッカーの試合では耳だけでなく、選手の口の動きを見て判断してプレーしていたんだそうです。

スゴイですよね!

佐藤愛香さんが天才と称されるのは、この洞察力のたまものなのでしょう。

佐藤愛香は日本代表のゴールキーパーだった!

佐藤愛香さんは【ろう者女子サッカー】の日本代表としてゴールキーパーをつとめていました。

第21回夏季デフリンピック(2009年)@台湾

第22回ソフィアデフリンピック(2013年)@ブルガリア

に出場し、日本代表の守護神として活躍されていました。

デフリンピックとは、4年に一度開催されている聴覚障害者のための総合スポーツ競技大会となっていて、最近では2015年にロシアで開催されていました。

2017年にトルコデフリンピックがありましたが、日本の女子選手が少なく足りなくて出場できなかったそうです。

佐藤愛香は映画にも出演していた!

佐藤愛香さんは実は映画にも出演されていました。

2010年に公開された『アイ・コンタクト もう1つのなでしこジャパンろう者女子サッカー』という映画です。

川澄奈穂美さんも自身のブログで紹介されていました。

さて、今日は映画の紹介をしたいと思います!!

突然ですが、みなさん“もう一つのなでしこジャパン”をご存知でしょうか?
もう一つのなでしこジャパンとはろう者女子サッカー日本代表のことです。
聴覚障がい者によって構成されたチーム。

2009年夏、台北で行われた、第21回デフリンピックに初出場を果たしました!!

そしてこのチームを取り上げた映画が『アイ・コンタクト』なのです!

私がこの映画をおすすめするワケは“女子サッカー”だから、ということももちろんですが…
なんと…
この映画に私の友人が出演しているのです(^^)
友人の名前は”佐藤愛香(さとうあいか)”
あいかとは同じ小学校で、小学校~高校まで同じチームでサッカーをしていました!!つまり10年ぐらい!!

あいかは生まれつき聴覚障がいがありました。

補聴器を付けて、私たちの口の動きで何を話しているか理解していました。
家も近くていつの間にか仲良くなり、私がサッカーを一緒にしようと誘いました!(確かね…)
あいかのポジションはキーパー☆
昔からすごくアグレッシブなプレーヤーでどんな相手を前にしても、体を張ってゴールを守るあいかは、とても心強い仲間でした!!

小学校の頃は清水カップで優勝したり、高校ではフットサルの全国大会で優勝したりもしたなぁ~

あ、アルビのめぐも小学校~高校まで同じチームなので、あいかとめぐとなほは幼なじみみたいなもんですゎ(^^)

そんなあいかがろう者女子サッカー日本代表としてピッチに立ち、また映画にも出演しているのです!!!
なので是非是非みなさんに映画観てほしいと思いまして、紹介させてもらいました☆

引用:川澄奈穂美さんブログより

川澄奈穂美さんのブログからも、佐藤愛香さんと幼なじみで仲良しだった様子がうかがえますよね!

しかもこの映画『アイ・コンタクト』は2010年第34回山路ふみ子福祉賞という映画賞を受賞しています。

ちなみに『千と千尋の神隠し』も第25回山路ふみ子映画賞の受賞作品です。

スポンサードリンク

佐藤愛香さんの現在は?

佐藤愛香さんは高校卒業後、専門学校に通い、一般企業に就職してサッカーからはいったん離れてしまったそうです。

しかし、首籐麻衣さんというろう者サッカーの選手から、もう一つのなでしこジャパン【ろう者サッカー女子日本代表】に力を貸してほしいという誘いを受け、代表で活躍することになったそうです。

その後、現在は選手としてプレーするのではなく【日本ろう者サッカー協会の理事】をつとめてバックアップする立場として活躍されています。

【関連記事・パラリンピック競泳の注目メダリスト!】

木村敬一選手は全盲の競泳選手です。 リオパラリンピックでは木村敬一選手は4つのメダルを獲得されています。 そんな木村敬一選手のw...

【小谷実可子の勝てなかった天才】

伊東恵(いとうめぐみ)さんは元シンクロ選手でシンクロの女王小谷実可子さんが勝てなかったほどの天才だったのだそうです。 【消えた天才】に...

【大谷翔平からホームランを奪った消えた天才・田端くん】

田端良基(たばたよしき)さんは大阪桐蔭で大活躍したのにドラフトプロ辞退の理由が気になりますよね。 そして田端良基(たばたよしき...

まとめ

川澄奈穂美さんが衝撃を受けた天才ゴールキーパーは佐藤愛香さんでした。

佐藤愛香さんは難聴というハンデを乗り越え、努力され日本代表にも選出される活躍をされたんですね。

さらに映画出演もしていて川澄奈穂美さんのサッカー人生において多大なる影響を与えた天才ゴールキーパーだったんですね。

もう一つのなでしこJAPANがさらに広まっていくといいですよね!

佐藤愛香さんと川澄奈穂美さんの友情がステキですよね。

今後の活躍も応援しています!

Sponsored Link
テキストのコピーはできません。