エリザベスパリッシュの現在,その後と子供,夫,年齢は?テロメア伸ばす遺伝子治療は1億円!

Sponsored Link

エリザベスパリッシュさんは20歳若返るという遺伝子組み換え治療をされています。

そんな若返り治療をしたエリザベスパリッシュさんのその後、現在はどうなったのか気になりますよね。

エリザベスパリッシュさんがした遺伝子治療は、『テロメアを伸ばす』・・という治療なんだそうですが、どういった治療なのでしょうか?

若返りの美魔女『エリザベスパリッシュ』さんについて、現在の年齢なども調べてみました!

そしてエリザベスパリッシュさんに子供がいるのかも調査してみました!

さっそくいってみましょう!

スポンサードリンク

エリザベスパリッシュのwiki経歴プロフィール

エリザベス・パリッシュ

(Elizabeth Parrish)

・2018年で47歳

・兄弟は兄がいる

・『BioViva』USAのCEO

エリザベスパリッシュさんは元々は『ソフトウエアの会社』を経営されていました。

その後、幹細胞の権利擁護をしているNPOで働きました。

現在は、2015年初めに立ち上げた会社の

『BioViva』という遺伝子の研究を行う会社CEOです。

その他にも、国際長寿メディアの取り組みにも関わっており、国際長寿同盟『ILA(International Longevity Alliance)』の創設メンバーの一人でもあります。

さらに、エリザベスパリッシュさんは『生物システム連合(CBSA)』の加盟メンバーもつとめていました。

美人で若々しくて、とてもアラフィフには見えなさすぎます・・・!

遺伝子治療でなぜ20歳も若返ることができるの?

老化するシステムのカギを握っている遺伝子があります。

それはDNAの中のプログラムとして存在する『テロメア』と呼ばれています。

この染色体の部分を『テロメア』と言います。

若い頃は、細胞分裂が盛んに活発に行われるため、細胞が常に新しい状態になっています。

しかし年齢を重ねるごとに、細胞分裂の間隔が長くなっていき・・老化の原因になっていきます。

新陳代謝が悪くなり、古い垢が溜まっていくような・・イメージですね!

そして細胞部分裂をするたびに『テロメア』が短くなっていきます。

→人生の時間の中で細胞分裂の回数には限りがあります。

なので年齢を重ねて高齢になればなるほど、この『テロメア』は短くなってしまう・・というわけです。

このエリザベスパリッシュさんの会社のBioViva USAが開発した遺伝子治療を行うことで『テロメアを伸ばす』ということが可能になり、『20年分の若返り』が可能になったのだと言います。

でもこの遺伝子を組み替える治療は、先進国では禁止されているという『禁断の美容術』なんです・・( ゚Д゚)

そのため、禁止されていないコロンビアで行ったと言うわけです。

遺伝子を組み替える治療は、がんになるリスクが高くなってしまうんだそうです!!

若返ることができても、癌になっちゃー元もこうもないですよね・・

スポンサードリンク

エリザベスパリッシュさんが受けた若返りはテロメアを伸ばす事が可能に?

2015年、9月に、エリザベスパリッシュさんは自身の身体で遺伝子治療の実験的に行いました。

コロンビアにあるクリニックで受けたそうです。

エリザベスパリッシュさんが受けた若返りの遺伝子治療は・・

1.年齢と共に筋肉量が減ってしまうのを防ぎ、筋肉量を増やす治療。

2.加齢によって起こる様々な病気により幹細胞が消耗してしまうのを防止する治療。

として『遺伝子組み換えウイルスの静脈内注射』を受けたそうです。

こんなウイルスを注射で体内に打つなんて・・聞くと怖いですよね・・( ゚Д゚)

この遺伝子組み換えウイルスによって『テロメラーゼ』という『テロメア』を伸ばしてくれる遺伝物質が細胞に運ばれました。

今まで、この『テロメアを伸ばす実験』はマウスでの実験はされていたものの、人間での実験は初めてのことでした。

実験前のエリザベスパリッシュさんの白血球からのデータによると、同じ年齢の人に比べてテロメアの長さが短めという事が分かりました。

しかも、早い時期に病気にかかりやすいと言う事も判明!

そして2015年9月に実験を開始。

実験開始前は、テロメア長は6710塩基対。

→その後2016年の3月に同じ方法で調査をしたところ、

テロメア長は7330塩基対まで伸びており、

『20年分のテロメアが長く伸びている!』

さらに

『白血球が若返っている』という驚きの結果が出たのです。

エリザベスパリッシュさんが自ら、実験台になった理由とは?

エリザベスパリッシュさんの家系は短命の傾向が強かったこと

さらにお兄さんが肝臓がんを発症していたため、自分自身も短命で病気に若いうちにかかってしまう可能性が高かったこと。

そして検査の結果でもテロメアが同世代に比べて極端に短いのが分かったこと。

そして何よりも会社を立ち上げる前は、幹細胞の研究に力を入れているバイオ企業と投資家を紹介して資金調達をする計画でしたが、『この理論が本当に有効なのかを証明してほしい』と言われてしまったのだそうです。

なので自分自身の身体を使って証明する。という目的もあったようです。

エリザベスパリッシュさんの現在の姿は?

引用:https://www.ktv.jpより

エリザベスパッシュさんは2015年に遺伝子組み換えの治療を受けています。

その後3年経過した2018年、47歳になった今、どうなったのでしょうか?

若返りをキープできているのか・・気になりますよね。

そして副作用はないのでしょうか・・

【白血球の細胞を若返らせる】という治療だったので見た目が20歳若返ったというわけではありません。

しかし、遺伝子組み換えの治療のおかげで運動しなくても筋肉が蘇ったのだそうです。

スポンサードリンク

エリザベスパリッシュさんには夫や子供はいるの?

エリザベスパリッシュさんの夫や子供については次ページへ!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。