ドラマ『微笑む人』のネタバレ最終回結末を原作小説から予想!あらすじやキャストも

2020冬ドラマ
Sponsored Link

松坂桃李さん主演の『微笑む人』が、この春、テレビ朝日にて日曜よる9時から放送されます!

 

松坂桃李さんはテレビ朝日ゴールデン帯での主演は初めてで、

ほかキャストに尾野真千子さん、生瀬勝久さんなど豪華俳優陣が名を連ねています。

 

原作は貫井徳郎さんの『微笑む人』という小説。

原作結末が人によって解釈の異なる展開だったそうで、

ドラマではオリジナル脚本で展開していくそうです☆

 

さらに、原作にないオリジナル・キャストの出演が決まっていたりと、

一度作品を読んだことがある人でもネタバレなく、結末予想しながら楽しめそうです!

 

今回は『微笑む人』のネタバレあらすじや結末予想

キャストや放送日についてまとめてみました!

 

ドラマ『微笑む人』のキャストは?

(引用:https://www.cinemacafe.net/article/2020/01/09/65291.html)

 

ドラマ『微笑む人』には、テレビ朝日ゴールデン枠初主演の松坂桃李さんを始め、

尾野真千子さん、生瀬勝久さんなどの出演が発表されています!

 

ちなみに松坂桃李さんと尾野真千子さんは2018年のドラマ『この世界の片隅に』

姉弟役を演じて以来2度目の共演です^^

 

今回は犯人と、真実を追うマスコミという、全く異なる役柄なのでお二人の演技も注目ですね!

 

ここではドラマ『微笑む人』に出演するキャストをまとめてみました。

 

松坂 桃李/仁藤 俊美(にとう としみ) 役

(引用:https://eiga.com/person/83877/)
 

本作の主人公。妻・抄子(かんこ)と娘・亜美菜を溺死させた罪に問われ公判中の被告人。

妻と娘を殺害した理由は「本の置き場所がほしかった」と述べている。

 

日本で最難関の大学を卒業し、大手都市銀行に就職したエリートで、

世田谷の高級マンションに住む誰もが羨むような暮らしを送っていた。

 

当初は妻と娘を失った遺族であったが、

当日現場付近にいたという目撃者の証言で自分の犯行だと自供した。

 

常に柔らかな微笑みをたたえていて、妻と娘を大切にしている、

誰もが認める「いい人」の過去に、思いもよらぬ真実が隠されていた。

 

松坂桃李さんは仁藤を演じるにあたって、「仁藤はこんな男だ」と自分のものさしに当てはめず、

フラットに演じることを心がけたそうです。

 

最初から最後まで、感情やテンションが一定なキャラクターらしく、

松坂桃李さん自身も演じるのが初めてのキャラクターとのことでした!

 

「犯罪者なのに、彼の振る舞いや言動はどこか正論でもある」という仁藤の

陰と陽の部分を松坂桃李さんがどのように演じるのかも見どころですね☆

 

尾野 真千子/鴨井 晶(かもい あきら) 役

(引用:https://eiga.com/person/23143/)

『週刊海潮』の契約記者。夫・拓郎と娘の3人暮らし。

 

主婦だったが夫に家事を任せ、もう一度記者として最前線で活躍するべく仕事に励んでいる。

娘が仁藤の娘と同じ幼稚園に通っていたため、以前から面識がある。

 

仁藤が妻子を殺害した「本の置き場所がほしかった」という理由に納得がいかず、

事件の巻頭特集を約束してもらい、仁藤を知る人物や捜査関係者に取材し、

真相を究明しようとする。

 

取材の中で、自分が知る仁藤と、関係者から聞く仁藤の人物像があまりにも異なるため

疑問を抱くようになっていく。

 

尾野真千子さんは鴨井を演じるにあたり、

特別な女性でなく、ごく普通の女性という鴨井を演じるよう意識されたとのことです。

 

リアルな人間の感情や、作品の異様さを、いかに普通に演じられるか、

という点を意識して役作りに励んだとコメントしていました。

 

尾野真千子さんの自然な演技が、作品をより一層リアルに引き立たせてくれるかもしれません♪

 

ちなみに鴨井晶は原作には登場しないドラマでのオリジナルキャラクターです。

 

生瀬 勝久/井上 肇(いのうえ はじめ) 役

(引用:https://eiga.com/person/54257/)

昔からの鴨井の上司で、『週刊海潮』のデスク。よく鴨井を便利使いしている。

 

鴨井が仁藤と知り合いとわかり、巻頭特集を約束し取材を任せる。

性格はチャラい部分もあるが、人脈は広く、事件につながる証言を得ることも。

 

 

福田 転球/佐藤 邦男 役

(引用:http://www.fukuda-tenkyu.com/profile/)

神奈川県警津田原警察署の刑事。仁藤の取り調べを担当。

鴨井とも過去に面識がある。

 

田中 要次/滝沢 孝一 役

仁藤が収容される神奈川県警横浜拘置所の刑務官。

仁藤のことをなにかと気にかけている。

 

阿部 亮平/梶原 敬二郎 役

 

この投稿をInstagramで見る

 

阿部亮平(@abe_ryohei_)がシェアした投稿

慶和銀行に勤務していた。仁藤の先輩。周囲からの評判は悪かった。

 

 

薬丸 翔/保坂 保 役

慶和銀行に勤務している。仁藤の後輩。仁藤を尊敬していた。

 

 

佐藤 乃莉/カスミ 役

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐藤 乃莉 Nori Sato. Actress.Model(@nori_sato_)がシェアした投稿

キャバクラに勤務している。仁藤の小学校時代の同級生。

 

小久保 寿人/鴨井 拓郎 役

鴨井晶の夫で、家事や育児をこなす。

 

 

ドラマ『微笑む人』のあらすじは?

(引用:https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/01/09/65291/461604.html)

 

1年半前、神奈川県相模原市で起きた「安住川事件」

被告人の仁藤妻・抄子(かんこ)娘・亜美菜を溺死させ、

公判で「本の置き場所がほしかったからです」と衝撃の動機を明かしました。

 

仁藤は日本最難関の大学を卒業し、大手都市銀行に就職、

結婚後は世田谷にある高級マンションに住み、娘も授かるなど、

誰もが羨む生活を送っていました。

 

そんな仁藤がなぜ妻子を殺害するに至ったのか・・・。

娘の幼稚園が同じで以前から面識があった週刊誌記者の鴨井晶は、

デスクから巻頭特集の約束を取り付け、事件の真相を追うことにしました。

 

取材を続けていく中で、救急隊員が現場に駆けつけたときの様子や、搬送先の病院での様子など

知れば知るほど仁藤への疑いは深まっていきます。

 

ですが、その姿は今まで鴨井が知っていた仁藤とは全く違う姿。

一体どちらの彼が本当の彼なのか・・・。

 

複雑な感情の中、取材を進めていくうちに、仁藤にまつわる衝撃の過去が明らかに!

なんと、これまで仁藤に関わってきた何人もの人間が不審な死を遂げていたことが分かったのです!

 

ドラマ『微笑む人』の原作小説は?違いはある?

(引用:https://bookmeter.com/books/5308608)

 

ドラマ『微笑む人』の原作は貫井徳郎(ぬくいとしろう)さんの同名小説です♪

 

2012年に実業之日本社から発表した作品で、

貫井敏郎さん自身も「ぼくのミステリーの最高到達点」とコメントしており、

「ミステリーの常識を越えた衝撃作」と話題になりました!

 

貫井敏郎さんの作品には他にも

・『慟哭』ー第4回鮎川哲也賞 候補

・『乱反射』ー第63回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門) 受賞

・『後悔と真実の色』ー第23回山本周五郎賞 受賞

・『私に似た人』ー第151回直木賞 候補

などがあり、ミステリー作家として有名です。

 

『微笑む人』は「映像化不可能」と言われていたそうです。

作品を読んだことがある人も「結末がよくわからない」「最後がもやっとした!」

とコメントしている方が多く、いわゆる「イヤミス」らしいです。

 

そんなコメントを知ってか、

・ドラマオリジナルの衝撃的な結末が用意されている

・ドラマオリジナルキャラクターとして鴨井晶が登場する

という点が小説とは異なるそうです♪

 

ドラマでは鴨井晶の視点からストーリーが展開していきます。

 

すでに原作を読んだ方でも「こういうラストもあるのか」と二度楽しめる作品になっていますね!

 

ドラマ『微笑む人』の脚本・演出は?

(引用:https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/01/09/65291/461629.html)

【脚本】秦 建日子さん・・・『刑事・雪平夏見シリーズ』『アンフェア』等

【演出】落合正幸さん・・・『世にも奇妙な物語シリーズ』『呪怨 終わりの始まり』等

 

映像化不可能とまで言われた作品ですが、

テレビドラマの巧者とも言われている秦建日子さんがドラマ版ならではの

オリジナルの衝撃結末を用意しているようです。

 

演出を務める落合監督は独特の世界観を作り出すことでも知られているので、

『微笑む人』が見ている人を惹きつけるような作品になることが期待できます☆

 

 

ドラマ『微笑む人』をネタバレ結末予想

(引用:https://www.cinemacafe.net/article/img/2020/01/09/65291/461639.html)

 

小説とドラマではラストの展開が異なるようですが、

間違いなく鍵となるのは仁藤の過去ですよね。

 

「犬が煩わしいから」隣家の主人が殺害されたり、

「流行っていたゲーム機がほしかったから」大学時代の友人が事故死を遂げたり、

「出世したかったから」銀行の同僚が白骨化遺体で発見されたりと、

小説では、仁藤の周りには謎の不審死を遂げた人間が多かったのです。

 

さらに、仁藤と関わる「ショウコ」という女性も鍵となりそうです。

 

仁藤の周りには同級生、バイト仲間などに「ショウコ」という女性が登場します。

 

同級生の「ショウコ」を義父の虐待から助けようとしたこともあります。

妻の抄子(かんこ)も、読みを変えれば「ショウコ」になります。

 

仁藤の周りの人間の不審死は、もしかすると仁藤の犯行かもしれませんし、

「ショウコ」がきっかけで、サイコパス殺人者となってしまったのかもしれません。

 

小説では結局、仁藤がなぜ犯罪に手を染めたのか、までは明かされませんでした。

 

ドラマでは結末が異なりそうなので、仁藤が妻と娘を手に掛けた動機まで

明らかになってくれることを願います。

 

ドラマ『微笑む人』の放送はいつから?

ドラマ『微笑む人』の具体的な放送日はまだ発表されていません。

 

現時点でわかっていることは

・2020年春

・日曜プライム枠(テレビ朝日毎週日曜よる9~11時)

ということだけのようです。

 

日曜プライム枠は単発特別番組枠なので、今回のドラマ『微笑む人』も

連ドラではなく、2時間もののドラマとなります☆

 

「春」ということなので、おそらく3月か4月あたりの放送になりそうですね!

 

公式ホームページには2月までのラインナップは掲載されていたので

3月放送が濃厚かもしれません。

 

ドラマ『微笑む人』の最終回ネタバレ結末を原作小説から予想!あらすじやキャストも:まとめ

ドラマ『微笑む人』のネタバレ結末予想原作、キャストなどまとめてみました!

 

原作は映像化不可能で「ミステリーの常識を越えた衝撃作」と話題になった

貫井敏郎さんの同名小説。

豪華キャスト、スタッフ陣で初の映像化となるので期待できます。

 

結末が小説とは異なり、ドラマオリジナルの展開となるそうなので、

原作を読んだ方でもネタバレなく予想しながら楽しめそうですね!

 

松坂桃李さんや尾野真千子さんがドラマ『微笑む人』で、

それぞれの登場人物をどう演じるのかも見どころになりそうです♪

Sponsored Link
Sponsored Link

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました